ながと密着型文芸サークル「文武蘭-monburan-」
山口県長門市の青年たちが描く、地域密着型文芸振興Project。その名は文武蘭(もんぶらん)!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かぎかっこ
2012年08月14日 (火) 23:05 | 編集
どうも、本日二度目の更新です。

先ほどは前置きがメインになってしまうという異常事態に見舞われましたが…きちんと、今日のうちに伏線を回収しておきたいと思います。後日にまわすと忘れそうというか、スッキリして寝られそうにないのでですね。


さてさて、つまりは何が言いたかったのかというと。

「よくよく考えると分かるのに、慣れが原因で見えなくなっちゃう」的なことを語りたかったわけで。


タイトルにもありますが、みなさん、鍵括弧を入力するときどうされますか?

その1:「かっこ」と入力して変換
その2:Shiftキーを押しながら普通の丸括弧を入力→変換
その3:Enterキーの横にあるキーで直接入力

当然ながら、「その3」が一番楽に入力できます。
今、こうして鍵括弧を打っている私も、そう入力しています。


しかし。


つい最近まで私は、ずっと「その2」で打っていました。

昔からの癖というか、分かっているのにいざ使うとなると…
「Shift→丸括弧→変換」って無駄に多くタイプをしてしまうんですよね。


2ヶ月前にも「ここ押せば早いのに」と、団員の方から忠告されたというのに。

身につけるまでに、まさかこんなに時間をかけてしまうとは。

ただまあ、一度慣れてしまえば「今まで何やってたんだ私」状態になりますけどね。


どうでもいいことですが…「その1」は私が小学生で、はじめてパソコンに触れた頃の入力方法です。


鍵括弧を多用する小説の執筆において、
すべて「かっこ」と打ってたらやってられそうにないですね(笑)


それでは、今日はこのあたりで。

野球ネタをやりたかったのも事実なので、正直「伏線回収!」って感じでもないかもしれませんが…あくまでもこのカテゴリは「雑記」ですからね。肩の力を抜いて楽しめるものになればそれでいいんじゃないかなと。

以上、望月でした!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright&template: himeco
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。