ながと密着型文芸サークル「文武蘭-monburan-」
山口県長門市の青年たちが描く、地域密着型文芸振興Project。その名は文武蘭(もんぶらん)!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第37回清風キャラバン!レポートpart3~悲劇&豪雨~
2012年07月23日 (月) 21:36 | 編集
こんばんは。

1週間かけて、やっとたどり着きましたpart3。
「第37回清風キャラバン」レポートは、今回がラストになります。

それでは、早速行きましょう。

時はキャラバン2日目。
ラジオ体操から始まる清々しい朝。

私は体操しながらの写真撮影と、えらくアクティブに動き回っていました。
…が、実際には、ものすごい寝不足をどうにか解消しようともがき続けていただけでして。

ss-CIMG1231.jpg

そして8時、キャラバン隊再出発のとき。
鎖峠を、一歩ずつ一歩ずつ踏みしめながらのぼっていきます。

ss-CIMG1235.jpg

頂上を越えると、今度は脇の細い道を入っていき。

ss-CIMG1241.jpg

めがね橋をすぎたあたりで、悲劇が私を襲います。

ss-CIMG1244.jpg

緑が美しい山道を、軽快に歩いていくキャラバン隊。
…を、橋の上から撮影しつつ苦しむ私。謎の胸焼けと腹痛に、戦意喪失寸前。

原因は明らか。


「寝不足」(笑)


ss-CIMG1245.jpg

そんなわけで、ここから約30分間、救護車にて優雅?に移動。

そして12時すぎ、三見公民館で昼食。
おにぎりが空きっ腹にしみるしみる。

ただ、このときの私には、おにぎりを撮影する力すら残ってはいませんでした。

ss-CIMG1246.jpg

そうして13時前、再出発したキャラバン隊を、今度は雨が襲います。

ss-CIMG1247.jpg

次第に強くなる雨。
さらに轟音をあげる雷。
カッパのせいで熱中症寸前の私。

…と、ここで突然のブレイクタイム。

みんなの足が止まり、スタッフからの連絡。

「今日のゴールは萩城跡の予定でしたが、悪天候のため、急遽玉江駅に変更します」

ss-CIMG1253.jpg

ゴールが3km手前となり、ちょっぴりガッツポーズを見せる子もちらほら。

さあさあ、萩を目指してもうひとがんばり!

ss-CIMG1254.jpg

本来なら絶景のはずの青長谷の海岸。
残念ながら、今日は大荒れ。みんな黙々と歩を進め続けていましたね。

ss-CIMG1256.jpg

そうして、歩くこと約40分。
だんだんと雨もあがり、駅に着く頃には清々しい空が戻っていました。

それはまるで、歩ききったキャラバン隊をたたえるかのごとく。

ここからはバスで三隅公民館へ。
当然ながら、私はバスでの数十分間、完全に爆睡してました(´∀`)

そして閉会式や記念撮影を終え、波瀾万丈の第37回清風キャラバンは、無事に幕を閉じたのです。


…と、最後だけいやに記事が駆け足のように見えますね?


それもそのはず。

これは、私に訪れた最後の悲劇。

例の豪雨に打たれ、私のお気に入りのデジカメが故障したからです。


SDカードが無事だったのがせめてもの救いでしたが、これで文字通りすべてが水の泡になっていたら、本当に負の意味で記憶に刻まれるキャラバンになっていたでしょうね。


…と、ここでもう一度どんでん返しが!

半分ヤケで除湿機の上にデジカメを吊り下げておきましたら、なんと翌日には復活。

異次元空間のような色合いに染まり、歪みに歪んでいた画面が綺麗に直っていたのです。


よかった、よかった。


終わりよければすべてよし。
負の思い出も、気が付けば笑い話になりまして。


これにて、第37回清風キャラバン、完結!!!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright&template: himeco
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。