ながと密着型文芸サークル「文武蘭-monburan-」
山口県長門市の青年たちが描く、地域密着型文芸振興Project。その名は文武蘭(もんぶらん)!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第37回清風キャラバン!レポートpart2~野外炊事&眠れない夜~
2012年07月19日 (木) 23:51 | 編集
こんばんは!

お待たせしました、キャラバンレポートpart2です。

前回は1日目の夕方、宗頭文化センターに到着したところで終わっていました。今回はその続き…期待に膨らむ胸とへこんだお腹を抱えまして、野外炊事から始めようと思います。

簡単に「入所式」を行ったあとで、野外炊事場へと駆け出す子どもたち。
まだまだパワーが有り余っているように見えました。

さて、今日のメニューは…野外炊事の大定番、カレーライス。

早速、火おこし組と食材組に分かれ、準備開始です!

やはり、いつの時代も自然とこうなるものなのか…火おこしは男の子中心に。

額に汗をにじませながら、必死に火と向き合っていました。
火おこしが終わり次第、飯ごうを置いていきます。久々に見ましたね、この形。

実はキャンプや野外炊事は高校生以来という私、それからたいして年を重ねたわけではありませんが、非常に懐かしい感じがしました。

ss-CIMG1220.jpg

そして、野菜の下ごしらえは女の子中心に。

何気に、私はこちらの方で皮むきのお手伝いとかしていました。
(周りの女の子たちには、ちょっかいかけてくるカメラマンにしか見えなかったでしょうけど)

ss-CIMG1217.jpg

ご飯が炊き上がったところで、お次はカレーの鍋をセット。
火がとても近いので、食材を混ぜるのも一苦労でした。私自身もじゅうじゅう焼けているような気分。

ss-CIMG1224.jpg


ふぁいやーっ!(・∀・)


…たまに起きる火柱。

暑い、熱い、あついっ!


ss-CIMG1225.jpg

そうして戦うこと約1時間半。

室内でスタッフが作られていたフルーツヨーグルトを加え、晩ご飯の完成です!

ss-CIMG1227.jpg

ちなみにチキンカレー。

班によってはスープ状になっていたり、生焼けの人参が現れたりしていましたが…この暑い夏空の下、みんなで作ったカレーは美味しさもひとしおというものです。

その後、班旗の作成やレクリエーション等々を楽しみ、子どもたちは22時に眠りに就くのでありました。


…………。


数時間後。


……深夜、夜風にあたる一人の青年がおりました。

彼は、なぜかあがったテンションが冷めやらず、日焼けのせいか火照ったままの体ではとても寝れそうになく。

気が付けば、午前4時前。

さすがに体力の限界で落ちてしまいましたが、まさかの5時半には起床。

ちょっと無理して朝食を2人分完食。
その後、勢い良く外へ飛び出した彼は、何とも言えない不安感を覚えます。


「思い出した、今日は1日山道じゃないか……」


こんな、峠に打ちのめされたのは初めてですよ。

さてさて。

完全に嫌な伏線が張られてしまいましたが、私は無事にキャラバンを終えることができるのか。


次回はレポートpart3。

「悲劇&豪雨」編をお送りします!(・∀・)


…もうっ、嫌な予感しかしないなあ!(苦笑)


▼第37回清風キャラバン!レポートpart3~悲劇&豪雨~

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright&template: himeco
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。