ながと密着型文芸サークル「文武蘭-monburan-」
山口県長門市の青年たちが描く、地域密着型文芸振興Project。その名は文武蘭(もんぶらん)!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
試し刷ってみました
2012年06月13日 (水) 22:11 | 編集
どもっ、もっちーです!

最近真面目に団誌の話ばかりしてるんで、
気分転換を兼ねてライトなあいさつからの登場です。

さて。

なんだかんだでもっちーの作品は無事完成しまして。
中綴じホッチキスの試運転もしたかったので、試し刷りをやってみました。

表紙+もっちーの作品だけなんで、
非常に低ボリューム(計8ページ)…なんて甘く見ることなかれ。

中綴じできるようにA5をA4に両面印刷って、想像以上に頭を使うのです。

A5の8ページだと、当然A4用紙は2枚しか使わないのですが、
表面に1ページ目と8ページ目、裏面に7ページ目と2ページ目を印刷しなければなりません。

その次は、3・6ページと4・5ページで両面印刷なのですが。
左右が逆転…なんてことになると、話がぶっ飛んでしまうので要注意なのです。

これが何十ページとかなったらどうなるんでしょう。

早く効率のいい方法とか考えなければなりませんね。
(確実に順番には法則があるはずなんで、ちょっと紙に書きながら研究しておきます)

そんなこんなで、とりあえず印刷作業は終わり。

いよいよ中綴じホッチキスの登場です。

ss-CIMG1145.jpg

おおっ、分かりきっていることですが、
やっぱり1発でピタリと中綴じってくれますね!

ss-CIMG1146.jpg

なんか、ドヤ顔をされたような気がします。

「どうだ、俺の仕事っぷりは?普通の綴じ屋(=ホッチキス)には真似できねーぜ?」

ss-CIMG1147.jpg

まあ、ホッチキス氏の発言は置いといて。

真ん中で折ると一気に冊子っぽくなりました。

表紙は確定というわけではないのですが、
おそらくこんな感じになるんじゃないかと思われます。

ちなみに本番では、表紙はカラーのいい紙を使用する予定です。

ss-CIMG1149.jpg

やはり、紙媒体の方が目にも優しく見やすいですからね。

赤ペン片手に、自身の推敲でも始めますかな!

そんなこんなで、団誌「文武蘭」は、今月末に発行予定ですよ~!

以上、もっちーがお送りしました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright&template: himeco
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。