ながと密着型文芸サークル「文武蘭-monburan-」
山口県長門市の青年たちが描く、地域密着型文芸振興Project。その名は文武蘭(もんぶらん)!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「文武蘭」の由来って
2011年12月28日 (水) 17:56 | 編集
こんばんは、もっちーです。

そもそも「文武蘭」の名前の由来って?

という質問を、長門市在住のMさんからいただきまして。
ちょうどいい機会なんで、ここで発表したいと思います。

活動内容とかは以前から考えていたんですけども、
最後の最後、名前だけがなかなか決まらなかったんですよね。

そしてクリスマス。

今年はちょっと趣向を変えようと、
モンブラン風のケーキを食べていたんです。

「文」っていう字は入れたかったこともあり、
食べながら閃いたのがこの…「文舞蘭」。

あれ、とお思いでしょうけど、本当にはじめはこれだったんです。

「文学」が「舞う」…なんか可愛らしくていいなって。

ただここで、いつかの「文芸部」を継ぐのに、
こんなに可愛らしいだけの名前はどうなのかと思いはじめましてね。

もっと熱くてバカな集まりだったんだから…
と思ってた矢先、学校のモットーだった「文武両道」って言葉を思い出したんです。

その瞬間…これだ!と。

文武両道の精神を引き継ぐ「文芸部」の再来にふさわしいなと思い、
生まれたのが…「文武蘭」というわけです。

Mさん、これで満足していただけましたでしょうか。

…なんて、みなさんの予想通り、Mさんってのは「もっちー」なんですけどね。

それでは自演乙ということで。

もっちーでした。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright&template: himeco
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。