ながと密着型文芸サークル「文武蘭-monburan-」
山口県長門市の青年たちが描く、地域密着型文芸振興Project。その名は文武蘭(もんぶらん)!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうしても少数精鋭
2012年05月13日 (日) 20:22 | 編集
こんばんは、もっちーです。

相変わらず、制作作業が進むとブログ更新が進みません。
ごめんなさいとしか言いようがない今日この頃です。

そりゃあ、ブログを完全にkarutaにまかせてみればいいかもですが、最近は非常にネタ不足でして。

団誌制作進行状況や予告は、正直他人にまかせられるものじゃないですからねえ。

さて、それではお待ちかねの団誌<春号>についてですが。
現在は、表紙のデザインや冒頭部分(あいさつ等)が完成しています。

メインとなる作品については、
もっちーとマグさんが1作品ずつ(詳細はまだ秘密です)、現在も絶賛執筆奮闘中です。

最近は、小説の舞台がお馴染みの場所っていうのも、
なんか新鮮で面白いなあと感じつつ、執筆を楽しませてもらっています。

ただ、執筆メンバーが2人だけというのはどういうことかと。

マグさんについては、もっちーが全幅の信頼を寄せる元文芸部員ですが、
さすがにもっちーと2人だけで、この先やっていけるとは思えませんからね。

そもそも、これが「文芸部」だったら、
部員不足で廃部という悲劇が起こりそうですよ。

少数精鋭というのもいいかもですが、
少数すぎると精鋭でも何でもなくなってしまいます(笑)

そんなわけで、春号はどうなるか分かりませんが、
しばし部員集めに奔走してきますのでみなさんお楽しみに。

もっちーでした。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright&template: himeco
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。