ながと密着型文芸サークル「文武蘭-monburan-」
山口県長門市の青年たちが描く、地域密着型文芸振興Project。その名は文武蘭(もんぶらん)!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
青年の文芸を愛する者たちの集団→…
2012年04月24日 (火) 00:20 | 編集
こんばんは、もっちーです。

文芸青年団となってからわずか1日足らず…

長門にはすでに「三隅青年団」という組織がありますし、
何かその真似をしているみたいで嫌だなって意見が出てきました。

たしかに、もっちーも「ぶんげーせーねんだん」っていう連続長音が気にはなってました。

本当にねえ…どこまでも「新しさ」を追求したい年頃なのですよ、文武蘭ってのは。

ただまあ、また1から考えると前の話し合いは何だったのかということになりますし。

んー…

「略して青年団になってれば、一応青年団って分かるんじゃない?」

「じゃあ、ちょっと入れ替えて青年文芸団みたいな?」

「あ、なんか少年探偵団みたいでいい感じ!」

そんなわけで、「青年文芸団」となりました、文武蘭です。

まず文芸団って言葉が存在していない気もするのですが、
同じようなつくりの「応援団」って言葉は普通にありますしね。

いや、ちょっと違うかな。

まあとにかく、正確には「青年の文芸を愛する者たちの集団」…。
いったい誰がそんな名前で呼ぶんだという感じで、略して「青年文芸団」…いい感じ!

こんなことがありましたとさ。

もっちーでした。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright&template: himeco
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。