ながと密着型文芸サークル「文武蘭-monburan-」
山口県長門市の青年たちが描く、地域密着型文芸振興Project。その名は文武蘭(もんぶらん)!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
決着、大掃除
2011年12月30日 (金) 23:12 | 編集
こんばんは、もっちーです。

今日は1日、部屋の大掃除で終わっちゃいました。

昼過ぎまで寝てたのは忘れて忘れて。
とにかく今日は大掃除の日だったのです。

本当は、結構前から終わらそうと取りかかっていたのですが、
昨日のブログで話したとおり、ラノベの魔力にやられてまして。

さすがにこのままじゃ年が越せないなと、
がんばってみた結果がこれです。

大掃除231230


中学と高校の計6年間分。
なぜか教科書&ノートをすべて部屋に置いていた結果。

だんだんとその存在感を増して「城」の状態となり、
たまにその付近から「G」が現れるとなってはさすがに対処せねばという話で。

最終的に。

教科書や参考書…約120冊。

ノート…約100冊。

ファイル…約30冊。

プリント類のごみ…約10kg。

手にした解放感…Priceless.

こんな結果に終わりました。

そういや今回処分したノート類の中に、
中学時代の「生活ノート」ってのがありまして。

毎日の日課はもちろんのこと、
その日の出来事とかを数行でまとめて、
担任の先生との交換日記的なことをやってるんですね。

ただ、若かりし頃のもっちーが書いた文章は痛くて。

もっちーが小説書き始めたのって高2からなんですよ。
ただ、文章書くことだけはかなり前…小学生の頃から大好きで。

だからその痛い文章ってのは…
効果音と妙な言い回しで、何でもない日常を結構誇張してありましてね。

文章力がないから、雰囲気はつかめても訳分からない…
そんな不思議な文章を、毎日のように書き連ねてるんです。

とても同じもっちーとは思えなくて、ついつい全部読んじゃいました。

そんな懐かしさや思い出に浸りつつ、
今日、すべてを消し去っちゃいました。

すっきりした気持ちと、ちょっぴり寂しさも感じています。

もっちーでした。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright&template: himeco
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。