ながと密着型文芸サークル「文武蘭-monburan-」
山口県長門市の青年たちが描く、地域密着型文芸振興Project。その名は文武蘭(もんぶらん)!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
文武蘭だよりvol.1~文武蘭紹介号~
2012年02月01日 (水) 22:53 | 編集
文武蘭だよりvol.1(平成24年2月1日号)

~文武蘭紹介号~


発行:ながと文芸集団「文武蘭」

 はじめまして、文武蘭の団長を務めております「もっちー」こと望月光希(もちづきこうき)です。今回は「紹介号」ということで、この1枚の広報紙をご覧になって、少しでも文武蘭に興味を持っていただけたら幸いです。

★文武蘭って何なの?

「文学のまち、ながと」を創るために集まった、元大津高校文芸部員たちのプロジェクトチームです。

 その昔、私は大津高校(現大津緑洋高校)の文芸部に所属していました。そこでは日々、小説や詩といった形で新たな物語や世界が生まれていましたが、時には思い切り遊び、時には演劇を企画するなど、楽しくてたまらない時間が過ぎていました。

 しかし、学生の身分である以上、卒業という別れからは逃げられません。今ではもう、アルバムと遺された作品の中でしか生きられない文芸部の思い出。そんな記憶の中の「文芸部」をもう一度。最高の日常をもう一度。その思いから生まれたのが、ながと文芸集団「文武蘭」なのです。

★文武蘭の活動って?

その1:超地域密着型文芸誌「文武蘭」の制作
 舞台背景や登場人物など、テーマを「長門」に絞ってみることで、地元の方も外部の方も楽しめるような団誌を制作してみたいですね。文芸誌による、新しい形の情報発信&まちおこし活動です!

その2:地域のスポーツイベントへの参加(ビーチバレーや駅伝などなど)
 知名度アップ、そしてイベントを盛り上げるために、スポーツにも挑戦します。ただ、目的は勝利じゃありません!みんなで楽しむことです!なぜなら、私たちはあくまでも「文芸部」なのだから!(笑)

その3:地域のお祭りへの出店
 団誌だけじゃなく、読書のお供になるような食べ物の販売にも取り組みたいですね。また、団員おそろいの「文武蘭Tシャツ」を作って着てみることで、文化祭気分を味わうのも面白いかもしれません。

 部誌に演劇、他校文芸部との交流会に加え、果ては高校生クイズにまで挑戦してきた文芸部。その意志を継ぎ、良い意味でも悪い意味でも、文武蘭はチャレンジ精神旺盛に活動していきます。

 上の3つは、あくまでも私の妄想に過ぎません。ただ、この文芸部では、そんな誰かの思いつきに本気で乗っかって、何でもない日常の中で楽しさと幸せを追求し続けてきました。だから、この程度の活動だけでは終わりません。団員の「やりたい!」気持ちを最優先して、もっともっと、カオスな日常を手にしていきましょう!文芸にも遊びにも、バカみたいに本気で向かってこその文芸部、そして文武蘭なのです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright&template: himeco
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。