ながと密着型文芸サークル「文武蘭-monburan-」
山口県長門市の青年たちが描く、地域密着型文芸振興Project。その名は文武蘭(もんぶらん)!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
文武蘭だよりvol.2~団誌試作品募集要項~
2012年03月11日 (日) 22:50 | 編集
文武蘭だよりvol.2(平成24年3月1日号)

~団誌試作品募集要項~


発行:ながと文芸集団「文武蘭」

*テーマ
1.もう一つの長門市
「もしも、こんな長門市だったなら」そんな思いを全面に押し出してみましょう。ただ、これは意見書ではなく、誰かを誹謗中傷するための作品でもありません。あくまでも小説、そして文学。想像力を膨らませて、エンターテインメント性の高い、ファンタジックな「もう一つの長門市」を創りましょう。

2.フリーテーマ(随筆・リメイク等々)
「長門人の、長門人による、長門人のための文学」そんな言葉を頭の片隅に置いておき。徒然なるままに書き綴った作品や、過去に投稿した(主に文芸部時代の作品、ネット上での公開作品は不可)作品のリメイク版の投稿もお待ちしています。当然ながら、長門色に染まりに染まったリメイクをお願いします。

※どれほど宣伝したくなるような美味しいお店だとしても、小説内に固有名詞(=店舗名)を出すのは控えてください。しかし、「下校途中の大津高生に人気の○○店」のように、“分かる人には分かる”表現するのは問題ありません。むしろ、読者の「気になる」心を刺激するそんな描写は、長門人にも、長門愛を持つ観光客の方々にも楽しめる文芸誌を制作するうえで、非常に大切な存在ではないかと思います。

*ページレイアウト
「Microsoft Word」を使用し、B5用紙(縦置き)に縦書き2段構成。
余白は「やや狭い(上下:25.4mm・左右:19.05mm)」、フォントは自由(基本はMS明朝体のサイズ10.5)。
作品のページ数は、5~20(約4000字~16000字)あたりで自主規制してください。
※大津高文芸部誌制作時のレイアウトや暗黙のルールと全く同じものです。

第1行には、タイトルとペンネームを書き入れるようにしてください。
小説本編は、上記から1行空けた後、つまり3行目から書き始めるようにしてください。
できるだけ尺を余らせないため、あとがきで調整して最大限余白がなくなるよう努力をお願いします。

*投稿方法
1.ながと文芸集団文武蘭のメールアドレスにデータを送信。
2.団員の持つ作品保存用メモリに直接データをコピーして保存。

上記の中からお好きな方法をお選びください。
詳細は、文武蘭広報部長hikaruまでお気軽にお問い合わせください。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright&template: himeco
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。