ながと密着型文芸サークル「文武蘭-monburan-」
山口県長門市の青年たちが描く、地域密着型文芸振興Project。その名は文武蘭(もんぶらん)!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「文武蘭秋の大人な修学旅行」1日目!
2014年10月24日 (金) 21:00 | 編集
「文武蘭秋の大人な修学旅行」1日目!(^o^)/

早朝5時30分に自宅を出発した私は、約1時間かけて新山口駅へ。7時5分発の新幹線「のぞみ」に乗り、4時間半揺られて昼前に東京駅着。人生二度目の東京駅、高校2年の修学旅行以来です。

山手線に乗り換えて、向かう先は秋葉原。ここでランチタイムです。お店はもう決まってます、メイド喫茶「アットホームカフェ」!!!
s-1010114_501393853333791_7370999463038154170_n.jpg

「お帰りなさいませご主人様!」「ど、どうも…(^^;;」はじめてのメイド喫茶…分かってはいるのですが、なんかすっごく恥ずかしいというかこそばゆいです!でも、ここに来るために東京へ来たと言っても過言ではありません。

オムライス(たしか正式名称はひよこさんライス)とローズティー(こちらはメイドの気まぐれメルヘンティー)、お気に入りのメイドさんを選んでの写真撮影と、入場料(ここでは家賃と呼ぶ)で税込2,700円でした。
s-10402961_501393770000466_7805734298252319302_n.jpg

ほぼ同世代…と思われる、とっても可愛らしいフリフリのエプロンに身を包んだ女の子たちと話しながら、また笑いながら。ちょっぴり非日常な楽しさを味わうことができました。

お客さん…じゃなくてご主人様(お嬢様)は、なんと女性の方が割合が多く。ザ・オタク!みたいな方は見ることができず、私のように初訪問で緊張しっぱなしの方も。もうメイド喫茶は、こんなにも市民権を得ているんですね。

「行ってらっしゃいませご主人様!」の声を背中に受け、電気街を散策した後、小腹が空いてきた15時頃。秋葉原の名物でもある「ドネルケバブ」を食べに「スターケバブ」へ。
s-1924390_501393886667121_6942399756199376858_n.jpg

作ってくれたのはイケメンのトルコ人さん、ケバブの本場出身ですね。ケバブをトルティーヤで包んだ、600円のケバブラップ(チキン)を購入。想像以上のボリュームででてきてびっくりでした。サイズ的には恵方巻きレベル!
s-1506849_501393913333785_6332335317993913494_n.jpg

s-10414481_501393796667130_5752877414002469064_n.jpg

そして浅草橋駅へ向かい、無事に東日本橋のホテルにチェックインを済ませて。一度来てみたかった、日本橋にある「おいでませ山口館(日本橋プラザ1階)」へ足を運びました。もちろん馴染みの品ばかり。今日は、萩の地酒フェアが行われていました。
s-10636052_501393956667114_574789701384360168_n.jpg

その後は東京駅から新橋へ。東京駅は、どこかタイムスリップしたような感覚を与えてくれます。
s-10469735_501393986667111_8707299112026467926_n.jpg

夕食は立ち食いレストラン「俺のイタリアン」!
s-10418965_501393810000462_5233157356290283693_n.jpg

s-10473756_501393940000449_7270311223604332211_n.jpg

約30分行列に並んでからの入店となりました。初訪問となる今日は、赤ブドウジュース(450円)と、人気No.1商品らしいビスマルクピッツア(980円)をチョイス。
s-1186726_501393826667127_8036260476392296681_n.jpg

…本当はもう少し贅沢する予定だったのですが、ケバブでお腹が膨れに膨れていたので軽めに。デザートすら入る気がしない状態でした(笑)

明日は朝から電車に揺られ、芸術祭が開催される武蔵野美術大学へ向かいます。文武蘭の活動に直接影響するであろう、アーティストたちの作品披露の場。楽しみで楽しみでたまりません!(^o^)/

▼1日目の出費
アットホームカフェ(昼食):2,700円
ケバブラップ:600円
俺のイタリアン:1,868円
運賃計:560円
その他雑費:2,095円
合計:7,823円
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright&template: himeco
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。