ながと密着型文芸サークル「文武蘭-monburan-」
山口県長門市の青年たちが描く、地域密着型文芸振興Project。その名は文武蘭(もんぶらん)!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大成功!第1回文武蘭の小説ワークショップ!!!
2014年07月21日 (月) 23:00 | 編集
今日は第1回文武蘭の小説ワークショップ!

大成功ぉおおお!!!(* ´ ∀ ` *)

今日は、大津緑洋高校に集った、文芸部の生徒15名が相手。「小説とは何なのか」から始まり、「地の文と会話文」や「技法・作法」、「起承転結の作り方」まで4ステップの構成。今日の1日で、誰でも作者になれる!…そんな講座を目指してがんばってきました。

▼講座の様子
s-1888812_443607405779103_193427205976490605_o.jpg

もちろん、私が座学嫌いなこともあり、すべてのステップを体験型に。一番退屈な作法のレッスンは、うちのメンバーが執筆したとある作品(もちろん「ながと密着型文芸作品!」)を教材に使用。みんなで作品をつつきあいました。

▼校正体験は「ながと密着型文芸作品」で!
s-10557139_443607409112436_8188011250131417217_o.jpg

そして午後からは、自身が見た世界を小説化するレッスンとして、さわやか海岸へ!ビーチボールで遊んだり、波打ち際ではしゃいだ感覚を、小説らしく描く。みんなが同じ場所、同じ体験をこなしていても、そこから生まれる文章は様々でした。

▼さわやか海岸でビーチボールバレーを楽しむ!
s-10494460_443607412445769_1018763162712795178_o.jpg

午前9時に始まった講座は、気づけば終了時刻の午後4時を迎え。あっという間のような、それでいて濃密な時間を過ごすことができました。

帰り際にいただいた生徒のみなさんの感想も、嬉しくなる言葉がたくさん。ここでもナイスなボケ…いや趣のある表現を試みる、文芸部員らしい文章も見られました。…とりあえず、「楽しかった」、「小説が書いてみたくなった」この言葉に出会えただけで、私は幸せです。

本当に1ヶ月半、がんばってきた甲斐がありました。このまま第2回の開催に向けて突っ走りたいところですが、今日はもう戦闘不能。参加者のみなさんをはじめ、本ワークショップの開催にご協力いただいた全員に…お疲れさまでした!(・∀・)

▼最後にみんなで記念撮影!
s-10536662_443607419112435_877050063123119106_o.jpg
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright&template: himeco
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。