ながと密着型文芸サークル「文武蘭-monburan-」
山口県長門市の青年たちが描く、地域密着型文芸振興Project。その名は文武蘭(もんぶらん)!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
文武蘭大賞01~ながと密着型文芸作品コンクール~投稿作品募集開始!
2013年10月24日 (木) 18:59 | 編集
こんばんは、海波です。


長門市民の、長門市民による、長門市民のための文芸活動を展開。

そんな地域密着型文芸サークル「ながと青年文芸団」がお送りする、文武蘭Project第9弾は!


ながと密着型文芸作品コンクール「文武蘭大賞」!

s-文武蘭大賞(ポスター)_01

s-文武蘭大賞(ポスター)_02

「あなたの夢を、物語に。描いた舞台は、聖地になる」をキャッチコピーとし、このコンセプトとしては長門市初と思われる小説(随筆)のコンクールです。入選作品は、ながと密着型文芸誌「文武蘭」特別号として製本、また落選作品(2次選考対象作品まで)も電子書籍版として発行し、広く頒布を行います。


Q.ながと密着型文芸作品?

長門市を舞台背景、もしくは題材として活用した小説や随筆等の文芸作品のことです。長門市民ならお馴染みの、あんな場所やこんな場所で繰り広げられるファンタジー、ミステリー、恋物語に…オールジャンルで投稿をお待ちしています。あなたにしか描けない「長門」の物語を見せてください。


かつて、童謡詩人金子みすゞが、仙崎のまちを舞台にいくつもの詩を紡いだように。あなたの身のまわりの景色や物事、夢や思いのたけを、文章に込めてみてください。そうして描かれた「長門市」が、市内外の多くの方へ聖地として発信されるのです。


Q.聖地?

本来の意味は、特定の宗教にとっての本拠地やゆかりの地。転じて、小説やアニメ作品等の舞台となった場所のこと。人気作品の「聖地」では、熱心なファンの来訪(聖地巡礼と呼ばれている)が盛んに行われており、最近では町おこしの材料として用いられることも多いそうです。


また、今回は長門市教育委員会の後援も得て開催することとなりました。まったく何もないところから書き始めるよりも、文芸の世界へ足を踏み入れるハードルの低い「ながと密着型」の作品制作。個人的には、こういった活動は国語学習の一環としても大きな効果があるのではと考えています。


▼投稿規定 他

1 投稿資格

長門市民、もしくは一度でも長門市を訪れたことのある方。


2 投稿形式

①レイアウトは、40字×40行に設定したA4(横)に一段構成の縦書きとする。

②1行目に「テーマ」を記載すること。※主に舞台背景として選んだもの(長門市にゆかりのあるものに限る)

③2行目にタイトル(上から2マス空き)、3行目にペンネーム(下詰め)を記載すること。

④本文は4行目から書き始めること。

⑤ページ数は2ページ以上30ページ以下とする(約1,000字~40,000字程度)。

※基本的に、データはMicrosoft Wordで作成してください。


▼完成したらこちらの宛先にメールで投稿!問い合わせも随時受付中。

monburan.nagato@gmail.com(ながと青年文芸団事務局)


▼投稿〆切

平成26年4月30日(水)必着


▼投稿後のスケジュール

5月上旬~ 1次選考(予備選考) 
5月下旬~ 2次選考(本選考)  
6月下旬~ 最終選考
7月上旬~ 特別号編集
7月下旬~ 特別号印刷製本
8月上旬~ 受賞者表彰式(市内会場)      
※賞状&特別号の贈呈を予定


▼実施要項(PDF)のダウンロードはこちらから
文武蘭大賞01(実施要項)

▼投稿様式(Microsoft Word)のダウンロードはこちらから
投稿様式(文武蘭大賞01)

▼ながと密着型文芸作品のサンプルはこちらから
ながと密着型文芸誌「文武蘭」電子書籍版

※当団で定期刊行している、ながと密着型文芸作品限定の文芸誌です。無償で配布しておりますので、ダウンロードしてご覧ください。


この秋に、文芸の世界に足を踏み入れてみてはいかがですか?

みなさんの投稿、お待ちしています!(・∀・)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright&template: himeco
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。