ながと密着型文芸サークル「文武蘭-monburan-」
山口県長門市の青年たちが描く、地域密着型文芸振興Project。その名は文武蘭(もんぶらん)!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「文武蘭会議01」開催(2013.8.11)!
2013年08月31日 (土) 22:07 | 編集
8/11(日)、私たちながと青年文芸団の企画する初イベント…地域密着型文芸サークル交流企画「文武蘭会議01」を開催しました!(・∀・)

s-2CIMG4049.jpg

参加していただいたのは、山口大学文化会文芸部、北九州市立大学文芸研究会、大津緑洋高校文芸部、そしてながと青年文芸団の4団体。会場は、約40冊近い文芸誌&イラスト集の展示・頒布が行われ、また同時にサークル参加者の交流会が開かれました。

s-3CIMG4052.jpg

それと、会場に設置していた、サークル参加者全員で作り上げた本イベントのパンフレットは、そのままサークルの紹介用として活用できる仕様にしています。そのため、余った分は中央公民館ロビーにて無償配布を行っていますので、アマチュア文芸の「今」を知っていただくためにも、ぜひお取りいただき、楽しんでいただけたらと思います。…なお、近日中にパンフレットの電子書籍版もリリースします!☆

▼文武蘭会議01オリジナルパンフレットDLページ

さて、大学の文芸サークルは、3年生が中心ですので20歳(21歳になる年度)の方ばかり。うちのサークルも、今日は私が一番上だったとはいえ…彼らと同い年。高校生もいらっしゃったので、参加者の平均年齢は19歳前後まで下がったと思われます。若いっ!(*´∀`)

久々に敬語を使わず、しかも同じ趣味について熱く語り合える方々。これほど嬉しく、楽しい機会もありません(*´ω`*)おかげで今日、次回はこの冬に行おう!ってことまで決定してしまいました。

正直に申し上げますと、今回はサークルの顔合わせというか、プレイベント的な位置づけ。次は会場を変え、ルネッサながとで規模を拡大してやろうかなと思っています。まだまだ私の妄想段階ですが、来週には実施要項をまとめて事業開始となることでしょう。善は急げってやつです!(・∀・)

私が高校時代から考えていた、欲していた、文芸にまつわる頒布・交流のためのイベント。ないなら作れと企画して、今日。こうして手応えありな結果に終わりました。今後も「ながと青年文芸団」ならびに、文芸活動+地域振興の新たな形「文武蘭Project」に、乞うご期待!(*・∀・*)

s-4CIMG4058.jpg

それではでは。本日参加されたみなさん、また開催にご協力いただいたすべての方に感謝して。ありがとうございました!本当にお疲れさまでした!\(^o^)/
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright&template: himeco
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。