ながと密着型文芸サークル「文武蘭-monburan-」
山口県長門市の青年たちが描く、地域密着型文芸振興Project。その名は文武蘭(もんぶらん)!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
絵師を求めて
2013年02月20日 (水) 23:52 | 編集
こんばんは!

これまでに計3冊(春・夏・秋)…ながと密着型文芸誌を発行してきた私たちですが、表紙はどれも文字のみでして。私のお気に入りである可愛らしいフォントを使用してみてはいるのですが、やはりお堅い印象が拭えませんよね。

ただ、文芸部時代に多少かじってみたとはいえ、私の絵では人を惹きつけるどころか退けてしまう予感。とりあえずは現状維持で、新入団員に期待する方向で行こうかな…と思っていた矢先の出来事。

現在制作中の文武蘭マーケットのパンフレット(会場配布用)なんですが…さすがにね、文字表紙では印象が薄いなと。今後要項が完成し、ポスターも掲示するとなれば、やっぱり視覚に訴えるものが必要でして。


長門市在住、あるいは長門市出身で、文武蘭のために一肌脱いでいただける絵師の方!

当然ながらアマチュアで、なおかつ作品の公開や頒布の機会を欲している方!!

そして金銭的余裕のない私たちのために、ボランティアで描いていただける方!!!


…を求めた結果、私の旧友で「やってやろうじゃないか」と立ち上がってくださった方がおられまして。正確には、私がお願いした形になるんですけどね。とにもかくにも、急なお願いにも快く引き受けていただけたことに感謝感謝です。

正直なことを言いますと、まさかすぐに、こんな条件に合致する方とお会いできるとは思ってなかったのでびっくり。1年前の設立から、目立った障壁もなく進む私たちのプロジェクト…ずっと追い風が吹いてくれている気がします。このまま吹き続けていてほしいものです。


そんなわけで、今後文武蘭マーケットのパンフ作成については、イラスト担当X氏(まだ名前は未公開)と、原案…という名の無茶振り師である私の二人で、進めていくこととなりました。


…久々にブログらしい、近況報告的内容となりましたね(*´∀`)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright&template: himeco
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。