ながと密着型文芸サークル「文武蘭-monburan-」
山口県長門市の青年たちが描く、地域密着型文芸振興Project。その名は文武蘭(もんぶらん)!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
正式決定!「文武蘭マーケット01」始動!
2013年02月11日 (月) 00:25 | 編集
こんばんは!

随分と更新が遅くなり申し訳ありません。ここから加速していきますのでご安心を。…書きたいこと、書かなければならないことがたくさんありますので、暇さえあれば更新作業にあたりたいなと思ってる今日この頃です。

さて、2月が始まりまして約10日。各方面で協議を重ね、大会の形式や経費の問題等と向き合った結果、現時点ではまだ「案」となりますが、配布用のA4チラシができましたので公開します!

s-250206ポスター(案)_01

現時点では、まだ平成25年度の会場予約を受け付けていないようですので、日時はお伝えできません。…が、予定というか希望では、8月10日(土)に開催できたらなと思っております。

今はとりあえず…第1回の正式名称が「地域交流型文芸誌即売会 文武蘭マーケット01」に決定したということで、その名前だけでも覚えておいてもらえたらいいですかね。

モチーフとなったのは、大方予想がつくとは思いますが「コミックマーケット」です。ただですね、長門市はおろか、山陰、いや県内全域で見ましても、こういったアマチュアアーティストの発表・頒布の場って私のまわりにはほとんど存在しなくて。学生時代から、一度は他団体のレベルを知る機会であるとか、交流できる場は欲しいなと常々思っていたわけで、もうその衝動のあるがままに走りだした結果が「文武蘭マーケット」になります。

そして、第1回が夏ならば、第2回は冬になる。

これまた「夏コミ」「冬コミ」的な考えになりますが、すでに年2回の定期開催も目論んでいます。サークルの参加料についても、会場使用料・パンフレット作成代込みで「1団体1,000円」を切れるように経費削減に努めていまして、だいぶハードルを低くしたお財布にもやさしいイベントにしたいと考えています。

私自身も「ながと青年文芸団」の1アーティストとして執筆に励んでいるわけですので、とにかく負担が少ないように、それでいて満足できるように。コストパフォーマンスの高いイベントを目指しているわけで。自分で設定したものが、そのまま自分に降り掛かってくるために、非常にやる気になるのです(・∀・)

それでは、2月下旬から会場の予約ができるそうですので、そこで日時が確定し次第、正式にチラシの配布や申込受付を始めます。何度も言いますが、上のチラシはあくまでも現時点での「案」です。本番用はレイアウトや注意書き等、細々とした修正が入りますので、そのまま鵜呑みにするのは待ってくださいね。

以上、長門市初?となる文芸誌即売イベント「文武蘭マーケット01」の始動報告でした!進行状況は随時本ブログで紹介していきますので、乞うご期待っ!\(^o^)/
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright&template: himeco
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。