ながと密着型文芸サークル「文武蘭-monburan-」
山口県長門市の青年たちが描く、地域密着型文芸振興Project。その名は文武蘭(もんぶらん)!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
団員紹介No.2~マグネシウム・リン~
2012年11月07日 (水) 00:05 | 編集
――こんにちは。インタビュアーはお馴染みの団長です。今日はよろしくお願いします。

よろしくお願いします。

――まず、ペンネームをお願いします。また、その由来って何なのでしょうか。

マグネシウムとリンはミネラルのひとつなんですが、人体にとって不可欠の物資なんですよ。それで、「読者にとって自分の作品が不可欠なものになって欲しい」という思いがこもっています。

――誕生日はいつですか。

12月13日です。ときたま、金曜日が誕生日になって夢にジェイソンが出てきます。、、、あ、冗談です(笑 ネタが古いですね。

――血液型は何型ですか。

AB型です。よく変人だと言われます、、二重人格は自覚済みです(笑

――好きな作品とその魅力について教えてください。

日本の小説はあまり読んで来ませんでした。海外の児童書はよく読みました。韓国のドラゴンラージャ、イギリスのダレンシャン、ハリーポッター、アメリカの崖の国物語、パーシージャクソンシリーズ、デルトラクエスト、、、など。ただ、映画も作品だとしたら、スターウォーズは大好きですね。

――好きな小説のジャンルは何ですか。

先ほど言ったとおり、SFやファンタジー、ミリタリーなどが好きです。だから、学園ものとか、書くのは苦手です。

――文芸活動を始められたきっかけは何でしょうか?

一日中本を読んでいて、"もっとここいう方が面白い"って思いが重なって行った結果、気づいたら小説を書いてました(・ω・)ノ気づけば息をするのと同じ感覚でストーリーが出てきます(大袈裟

――小説の登場人物の名前って、どうやって決めてるんです?

適当です(笑

ただ、同じ音がかぶるのは避けてます。たとえば、ら行ばかり使うとか、そーゆーことはやめてます。。予測変換機能を使って打つのでややこしくなるんです。あるアニメの監督は無意識に同じ音をつかった名前ばかり使ってましたけど、自分はしません。あと、Wordでルビを使うとページのバランスが崩れて、さらにキャラの名前が漢字だけだとわかりにくい、ような気がするのでカタカナを使います

――アイデアはどこで思いつく(練ってる)んですか?

高校時代は通学が自転車で1時間くらいかかっていたので、その間小説のストーリーを考えてました。今は社会問題や日常生活を題材に、意識してストーリーを作っています。あと今も昔も、夢は大事な取材対象です。面白い夢があったら、朝起きてメモを残します。これ、結構大切です

――もしも自分が小説の世界で過ごしているとするなら、どんな物語のどんなキャラだと思いますか?

SFが好きなので、そーゆー世界です。正体不明の"何か"に攻撃されてる街で暮らす平凡な男、、、で"何か"と戦う美少女に片想いして影で支える人物、、、。

そんなことを考えてると、このストーリーかきたくなってきましたw

――なるほどですねえ。以上、マグネシウム・リンさんへのインタビューでした。ありがとうございました。

ありがとうございました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright&template: himeco
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。