ながと密着型文芸サークル「文武蘭-monburan-」
山口県長門市の青年たちが描く、地域密着型文芸振興Project。その名は文武蘭(もんぶらん)!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第28回いきいきのびのびながとふるさとまつり!
2012年10月28日 (日) 23:49 | 編集
こんばんは、団長です。

今日は「第28回いきいきのびのびながとふるさとまつり」に参加してまいりました!

中学生の時以来に足を運んだのですが…果たしてこんな名前のお祭りでしたっけ?つい最近まで、勝手にただの「ながとふるさとまつり」っていう、平凡で味気ない名前なんだと思っていましたよ。

さて、とりあえずメイン会場の市役所駐車場を1枚。
思っていたよりも人が少なく、賑わいに欠ける感が否めない状態です。

ただ、それもちゃんとした理由が。

朝9時頃、数あるイベントの先陣を切り、パレードが始まろうかというときに…長門市を豪雨が襲いましてね。

「あーもう今年は行くのやめようかな」って方も少なからずいたことでしょう。私は朝から会場入りしておりましたので、見事にびしょ濡れになってしまいましたよ。

ss-DSC_0039.jpg

ただ、本当に雨はその10分間だけでして。
それからは夏の盛りを彷彿とさせるような快晴となったのですよ。

写真をよく見てもらえれば、地面が乾いているのが見て取れます。
これでも、午前中に撮影した写真なんですけどねえ。


そして、お昼。


今年は「長門ご当地B級グルメストリート」なるものがありまして。
ここでランチは決まりだな、と思いました。

ええ、思いましたよ。

できたての焼き鳥を頬張りながら賑やかな雰囲気も一緒に味わえたらな…なんてね。

ss-DSC_0040.jpg

…はい、当然みなさんの予想通りの展開になりますよ。

私は焼き鳥にありつけませんでした(涙)


ながと本陣さんの焼き鳥をいただきたかったのですが、考えることはみんな同じということでしょうか。

写真の奥でちょっぴり隠れていますが、お店から伸びる行列が道路まで続いているのですよ。

「列に並ぶ労力」と「念願の焼き鳥」を私の中の天秤にかけた結果、早々に戦線離脱という結論に至ったのです。…もしかしたら、あとで列の消える時間帯が訪れるかもしれないですし、ね。


そんなわけで、長門市三隅青年団さんのブースで「焼きうどん」と「フランクフルト」をいただきました。

ss-DSC_0041.jpg

非常にうどんがボリューミィでしたね。

ただそのために、食後は見事に焼き鳥のことを忘れてまして。
思い出した時にはもう、お店のあった場所はただの駐車場に姿を変えていましたよ。


はい、全然中身に触れられていないようですが…それはまた市内の誰かがブログで語ってくれているでしょう。

とりあえず文武蘭ブログでは、お祭りの雰囲気と、私の間抜けっぷりが伝われば幸いです。


それではまた!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright&template: himeco
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。