ながと密着型文芸サークル「文武蘭-monburan-」
山口県長門市の青年たちが描く、地域密着型文芸振興Project。その名は文武蘭(もんぶらん)!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
vol.2~2012夏号~紹介
2012年10月14日 (日) 22:59 | 編集
こんばんは!

さて、先日完成しました夏号の掲載作品をご紹介します。

ss-CIMG2008.jpg

ちなみに、今回も購入は受け付けておりません。
試し読み程度であれば、お近くの団員に声をおかけください。

★来年度の公民館まつりにて、2012年度総集編を販売予定。
(確定事項ではないため、あくまでも予定です)

また、夏号からは、作品に「テーマ」をつけて投稿していただいています。これで一目で概要が分かる…かな?※作品名の前の二重カッコ部分がテーマとなっています。

それではどうぞ!(・∀・)


《川尻岬×青春のうた》

★マイメモリアルソング~岬めぐり~/吹野等


小説:4ページ(完結)

かの名曲「岬めぐり」をテーマとした、バス中のとある出会いと別れの物語。


《深川っ子×ミステリアス日常語り》

★もう一人の深川っ子(2)/望月光希


小説:15ページ(次号へ続く)

社会に疲れきった主人公が出会ったのは、闇を持った野球少年と、どこか懐かしい少女。三者三様の思いを胸に繰り広げられるのは、「もう一人の深川っ子」を巡るミステリアスな日常物語。


《深川のどこかのあぜ道×ファンタジー》

★道を歩く/空虚竜哭
          

小説:4ページ(完結)

「僕は道を歩いている」この言葉が何を表しているのか、そして空虚竜哭の込めた思いとは。ちょっぴり哲学的でファンタジックに綴られる物語。


《大津高校×青春》

★五歩先のセンパイ/マグネシウム・リン


小説:13ページ(完結)

マグさんらしい、情景や心理を巧みに描くこの作品。懐かしく、そして愛おしい。そんな、淡い青春恋物語。


《仙崎花火大会×SNS恋物語》

★大輪は、遠く儚く煌めいて(1)/海波かなた


小説:12ページ(次号へ続く)

夏号から参加の小説担当、海波かなた。花火大会を舞台にしつつも、SNSから始まる現代的恋物語。


あとがき:3ページ

本ブログでも語っております「〆切際の魔術師」へ向けた団長の愚痴が収録(笑)


夏号は総計52ページ!(春号から16ページ↑)
文庫換算150ページ程度のボリュームはあると思われます。


この調子で、みんなガンガン書いていきましょう!(`・ω・´)


次号は「vol.3~2012年秋号~」、12月下旬発行予定です!

乞うご期待!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright&template: himeco
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。