ながと密着型文芸サークル「文武蘭-monburan-」
山口県長門市の青年たちが描く、地域密着型文芸振興Project。その名は文武蘭(もんぶらん)!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏号製本!
2012年10月08日 (月) 19:51 | 編集
こんばんは。

さて、昨夜ようやく夏号の製本が終わりました。

いやあ、濃かった。
たった1~2週間の戦いなのに、長かった。

そんなわけで、製本風景の紹介スタートです。

まずは草取りから。
(書類を並べて取っていく作業のこと。Googleさんで検索してもヒットしないため、もしかすると一部地方でしか使われていない表現なのかもしれない…)

ここでミスを犯すと本が本にならなくなります。
何事もはじめが肝心と言いますが、まさにその通り。

ss-CIMG1699.jpg

ただ、それでも平常運転の団長。
昨日の印刷失敗でやつれていたのが嘘のよう。

ss-CIMG1811.jpg

あとはまとめてガチャックで仮どめ。
そして中綴じホッチキスタイム。ここで失敗するわけにはいかないため、慎重に針の位置を確認します。このとき、部屋の中は静寂が支配し、緊張感マックス(決してホッチキスのメーカーとかけているわけではない)でした。

ss-CIMG1827.jpg

最後に二つ折りすれば完成。

ss-CIMG1986.jpg

緑の表紙が爽やかでいいですね。

今回は「校正」を重視しただけあって文章の質は向上。
多少の波乱はありましたが、結局3日×1時間の計3時間で印刷&製本作業は終わりました。

団員のみなさん、お疲れさまでした!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright&template: himeco
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。