ながと密着型文芸サークル「文武蘭-monburan-」
山口県長門市の青年たちが描く、地域密着型文芸振興Project。その名は文武蘭(もんぶらん)!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
〆切際の魔術師
2012年09月26日 (水) 23:51 | 編集
さあ、今週末29日(土)は、夏号の印刷製本日。

もう2日前である今日は、編集後の原稿をそろえて当日の準備物の最終確認でも…なんて、余裕を持って〆切を迎えたかったのですが。いや、当初は迎えられないとおかしいほどの〆切を設定していたのですが。

当初は約3週間前…9月8日(土)を〆切に。
いくら直しが多くとも、22日(土)には印刷製本作業が完了するはずが。

現時点でようやく全員の「最初の投稿」が完了。
これから校正かけて編集してページ数調整であとがき書いて明後日(実質明日)発行ですと…。

「3週間前」の〆切が「3日前」になると予想できたでしょう(笑)
…いやホント、笑うしかない状況ですよ。

しかも、今晩「最後の投稿者」となったマグさんの原稿に目を通し、半ば怒り気味に「明日の朝までに最終確認が終わらなかったらもう受け付けないからな」と送り返したのに…

わずか30分足らずで確認を終えて、まさかの日付が変わる直前に手元に戻ってくるとは。

まったくもう…これだからこのメンバーは面白い。
何があろうとも、結局最後には笑っていられる場面が待つ。


さすがは「〆切際の魔術師」と言ったところでしょうかね。


…お気づきの方もいるかもしれませんが、ちょっぴり私、この二つ名の響きが気に入ってしまいまして。

ただ、現時点で彼らはこの名を知る由もなく、あくまでもブログ上…私の脳内での呼び名となっています(´∀`)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright&template: himeco
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。