ながと密着型文芸サークル「文武蘭-monburan-」
山口県長門市の青年たちが描く、地域密着型文芸振興Project。その名は文武蘭(もんぶらん)!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
文武蘭が生まれた日
2015年12月25日 (金) 21:00 | 編集
こんばんは、海波です。

今から4年前、2011年12月25日。当時18歳の私は、長門市に新たな名物を生み出したいと思い、ひらめきだけで突っ走って文芸サークルをつくりました。だからこの日は、文武蘭の誕生日。

決してサクセスストーリーなんて言えるようなものではありませんでした。自分が決めた〆切に追われ、睡眠時間を削りながら、小説書いたり、即売会の準備をしたり、高校生向けのワークショップをやったこともありました。

4年間でつくりあげた文芸誌は15冊。即売会を通じて市内外の高校や大学、文芸サークルの皆さんと繋がりが生まれ、読売新聞や山口新聞、長門時事や市のCATVで取り上げていただいたこともありました。

▼これまでに作成した15冊の文芸誌
IMG_1200.jpg

▼長門市を描き続けてきました
IMG_1204.jpg

今年の5月からは、ご存知のとおり長門時事で連載もスタート。

まったくゼロからつくりだした、「文武蘭」という名の地域密着型文芸振興プロジェクト。

まだまだまだまだ、続きます!2015年も、大変お世話になりました!!
スポンサーサイト
新聞連載小説30週目!
2015年12月18日 (金) 21:00 | 編集
こんばんは、海波です。

今日発行の地方紙「長門時事」には、現在連載中の小説「僕は、サンタだ」第6回が掲載されています。前作が10話、前々作が14話なので、これで節目?の30週目を迎えることになりました。

今作は、一昨年長門市で開催された若者の婚活クリスマスパーティー「ナガトデナイト」が舞台。主催者側の「出前サンタ」として会場にいながら、初恋の先輩「カナエ」との再会に揺れる男心を描いています。

はたしてクリスマスに、サンタの恋は叶うのか。しばらく恋愛から遠ざかってる私ですが、小説を通して少しでも長門市のクリスマスムードを、そして恋愛ムードを盛り上げられたらいいなって思います!(*^^*)
copyright&template: himeco
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。