ながと密着型文芸サークル「文武蘭-monburan-」
山口県長門市の青年たちが描く、地域密着型文芸振興Project。その名は文武蘭(もんぶらん)!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
絶賛校正中!
2014年03月29日 (土) 21:00 | 編集
来月発行される、ながと密着型文芸誌「文武蘭」総集編vol.2〜2013年号〜。

今夜はひたすら、校正&編集作業に費やしています。
s-10157142_392399500899894_1870406326_n.jpg

今回は全部で120ページ程度。掲載される4作者による計11作品、およそ10万字の文章とのにらめっこです。

季刊を何度も読み返すと、どこか気になる言い回しであるとか、テンポの悪い箇所が見られます。長門要素を伝えたい気持ちは分かるものの、そのためにどうしても説明口調になり、地の文の語尾に「だorた」が続いてしまうことも。

やっぱりこれでは美しくないですし、個人的に一番気になるのがテンポ。同じ意味でも言葉のチョイスや句読点の位置1つで、読みやすさや印象度が大きく変わってしまいます。

読者目線なら、つい読み飛ばしてしまう、そんな箇所にも気配りを。読み手と書き手の距離が、近いからこそ追い求める。そんな私のこだわりが、形になるまであと3週間!がんばります!(・∀・)
スポンサーサイト
紙面企画「文武蘭ができるまで」制作中!
2014年03月24日 (月) 18:00 | 編集

現在、紙面企画「文武蘭ができるまで」を制作中です!(・∀・)

s-文武蘭ができるまで電子版サンプル_01

来月発行予定のながと密着型文芸誌「文武蘭」総集編vol.2~2013年号~…作品の質は前回より遥かにあがってはいるものの、それだけでは物足りない。面白くないかもしれない。

…ということで、今回は+αにこだわってみたいなと。その1つとして、まだまだ1時間程度で作った暫定版ですが、こんなページを間にはさんでやろうと計画しています。どんな名作揃いでも、文字の羅列ばかりじゃ飽きちゃいますからね。

しかし、文章にレイアウトに…こうして紙面を作っていくのって本当に面白いなと感じている今日この頃です。
秘密兵器お披露目!
2014年03月23日 (日) 21:00 | 編集
2014年3月16日。

季刊vol.8~2013冬号~の印刷製本日は、文武蘭の秘密兵器のお披露目日でもありました。

▼それがこれ!
s-CIMG6350.jpg

大型裁断機です。


某通販サイトにて28,900円。一応定価の半額以下ではあるのですが、それでも結構な支出です。

しかし、その価格を忘れさせるパフォーマンスを見せつけてくれました。


▼LEDのカットラインで狙いを定め。
s-CIMG6351.jpg

文芸女子の力でも楽々と裁断できるのです。

裁断面も美しい!(*´∀`)


▼昨年のカッターで戦った日々が懐かしい…(笑)
s-5CIMG3161.jpg

本当にいい買い物でした!

総集編vol.2の製本にも大いに活躍してくれることでしょう。よろしくお願いします!
季刊vol.8~2013冬号~印刷製本作業!(2013.3.16)
2014年03月23日 (日) 18:00 | 編集
さて先日、ながと密着型文芸誌「文武蘭」季刊vol.8~2013冬号~が完成しました!

例によって長門市中央公民館1階ロビーに展示しておりますので、こちらに寄られた際はぜひぜひご覧ください!

s-CIMG6375.jpg


▼それでは簡単に収録作品の紹介を!


1 霧中のキャラバン(4)/海波かなた

これが本当のフィナーレ。舞台は三隅の飯井海岸、打ち上げのバーベキューが始まった。愛娘にパパと呼んでもらいたい、格好いいパパの姿を見せてやりたい。奮闘する主人公、「秀さん」こと豊原秀二と、三隅青年団のメンバーが繰り広げる「清風キャラバン」物語、ついに完結。

↓ここから先は文武蘭初、未公開作品特集!

2 二番レジ/吹野 等

3 片眼の蝿/空虚竜哭

4 冷夜/空虚竜哭

今年度、ながと密着型文芸作品というコンセプトの前に、惜しくも掲載不可の烙印を押されてしまった作品たちを公開しています。どうして載せられなかったのか、編集者の気持ちで読んでみるのもまた一興というものです。

さて、次巻は来月開催される「中央公民館まつり」に向けた、120ページの大ボリュームも誇る総集編vol.2!4月上旬発行予定、現在鋭意編集中です!\(^o^)/
まろんちゃんの輪が広がるかも!
2014年03月22日 (土) 21:00 | 編集
今日は4月から文武蘭の団員となる、帰省中の友人たちと晩ご飯。

誰が言い始めたのか…気がつけば、文武蘭の公式キャラクター「瀬戸崎まろん」の家族や、友人キャラを生み出そうと、紙を囲んでイラストを描き続けています。

名前はこうしよう、性格はああしようって、みんなとならアイデアが湧き出る湧き出る。

s-1012919_389523374520840_522812424_n.jpg

s-1925349_389521257854385_769050905_n.jpg

私の仕事はこの先、そんなアイデアたちを形にすること。まろんちゃんの小説化企画が始まりそうな予感!(・∀・)
【DL】季刊vol.8~2013冬号~
2014年03月18日 (火) 21:00 | 編集
電子書籍版のダウンロードページです。

下記のリンクからどうぞ!(・∀・)

ながと密着型文芸誌「文武蘭」季刊vol.8~2013冬号~

s-表紙(電子版)_01

《清風キャラバン》
▼霧中のキャラバン(4)/海波かなた

《未公開作品その1》
▼二番レジ/吹野 等

《未公開作品その2》
▼片眼の蝿/空虚竜哭

《未公開作品その3》
▼冷夜/空虚竜哭
文芸喫茶「Cafe文武蘭」臨時スタッフ募集中!
2014年03月16日 (日) 18:00 | 編集
臨時スタッフ募集中!!!(・∀・)

4月19日(土)・20日(日)、2日間限定で、長門市に文芸喫茶「Cafe文武蘭(もんぶらん)」をオープンしちゃいます!(*´∀`*)

そんなわけで!ながと密着型文芸サークル「文武蘭」では、当日の運営&事前準備にご協力いただける若き臨時スタッフを大募集中です!!!\(^o^)/

s-臨時スタッフ募集中_01

これは長門市中央公民館にて、毎年恒例の社会教育団体の活動披露の場として開催される「公民館まつり」の1ブース。そんな「Cafe文武蘭」は、下記3つのコーナーから成り立っています。


★ながと密着型文芸誌販売コーナー


この日のために製本した、ながと密着型文芸誌「文武蘭」総集編vol.2~2013年号~を数量限定で販売します!長門市内の至るところで紡がれた、ここでしか読めない物語の数々。全国的にも例のない「地域密着型文芸」に情熱を注ぐ、長門の若者のがんばりをご覧あれ!


★私のまろん投稿コーナー


文武蘭の公式キャラクターとして、今やお馴染みの「瀬戸崎まろん」。当日の会場にて、彼女のイラストを募集します!投稿されたイラストは即パネルに展示!あなたの絵で、Cafe文武蘭を彩ってみせてください!


★みんなのお試し読書コーナー


ながと密着型文芸誌の既刊はもちろんのこと、文武蘭と交流のある「山口大学文化会文芸部」・「北九州市立大学文芸研究会」の発行する文芸誌等も大公開。若きアマチュア作家たちが描く、文芸の最前線をご堪能あれ!

そして、文芸誌を購入いただいた方、イラストを投稿していただいた方、試読コーナーに自作の本を提供された方、当日入団申込をされた方…とにかく会場にて、どんなことでもスタッフと関わっていただいたすべての方に!


淹れたてのコーヒー(orジュース)&場合によってはお菓子の無償引換券(まつりの2日間のみ有効)を差し上げまーす!(*´∀`*)


ただし!

カフェメニュー単品での販売は行いません!読者or作者さんのためだけに用意された文芸喫茶「Cafe文武蘭」。いったいどんな反響を呼ぶかは見当もつきませんが、とりあえず私がやってみたいからやってみるのです!昨年みたく、ただ文芸誌売るだけじゃ面白くないもんで!(・∀・;)

とにもかくにも、臨時スタッフ募集中!お申込み、問い合わせは下記まで!↓↓↓



▼ながと密着型文芸サークル「文武蘭」 事務局(担当:田中)

メールのみ monburan.nagato@gmail.com
公民館まつり代表者会議に行ってきました!
2014年03月13日 (木) 21:00 | 編集
今日は長門市保健センター2階講座室にて、「第36回中央公民館まつり」展示部門の代表者会議に出席してきました。


▼今回のスローガンは「みんな まっちょるで」
s-2014031301.jpg

私たち文武蘭のブースは、予定通り「中央公民館の2階ロビー」に決定!


▼大講堂入り口の向かい側です!
s-2014031302.jpg


どこかのサークルさんと重なるのではと心配していましたが、何のことはなく決まりました。正確には、決まってました。

会議は決定事項の確認が主で、わずか30分で終了。さらにその半分以上は、参加サークルが少ないことによる、空いたスペースをどう埋めるかという議論が交わされました。

会議には70歳近い方も来られており、周りを見渡してもおじいちゃんおばあちゃんばかり。20代なんていやしません。参加できないサークルの中には、メンバーの高齢化や人数不足が原因というところも少なからずあるようで。

まだまだ年配者が元気なまちではあるのでしょうが…何年何十年後はどうなっているのか分かりません。文武蘭は数少ない、いや現在では唯一の若い団体ですし、公民館まつりの未来を担うことは間違いないでしょう。

がんばります!(・∀・)
copyright&template: himeco
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。