ながと密着型文芸サークル「文武蘭-monburan-」
山口県長門市の青年たちが描く、地域密着型文芸振興Project。その名は文武蘭(もんぶらん)!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冬号の表紙はブルー
2013年02月28日 (木) 20:59 | 編集
こんばんはー…と、よくよく考えると毎回冒頭にタイプしている予感。

律儀なのは良いことかもですが、最近ではかなり煩わしさも感じます。書いてる本人が思ってるんだから、相当です。


それはさておき、今日は久々のお買い物報告。

s-CIMG2855.jpg

作業時の紙の整理用にとデスクトレー。

構造はシンプルそのものですが、使い勝手は本当に良いです。

そして薄いブルーの中厚口紙。

こちらは表紙用として購入。ながと密着型文芸誌「文武蘭」…vol.4となる2012冬号は、ブルーの表紙となります!


あと、近日中にプリンターをもう1台導入予定です。この春は忙しくなりそうですからねえ…。
スポンサーサイト
第19回青海島健康マラソン大会!
2013年02月24日 (日) 19:14 | 編集
こんばんはー。

さて、今日は予告通り…青海島を走ってきました!

昨年同様に一般Bの部、5kmの青海湖一周コースでしたので、どんなところを走ったのかは「青海島マラソンコースを歩く~波の橋立~」の記事参照。

目標タイムは「22分」と公言していた私でしたが、なんと結果は…


20分54秒!1kmあたり4分11秒計算!


…これはもう、わざと低く設定していたのではと疑われるレベル。一番驚いているのは私自身なのですが。

その原因を探ってみると、やはり今回はスタートからゴールまで、誰かしらと競りっぱなしだったことでしょうか。おかげで楽しいレースになりましたし、記録もついてきてくれると嬉しい限りです。


レース後はお楽しみのうどんとおむすびタイム。

s-CIMG2852.jpg

相変わらずめっちゃ美味でした。

あまりの空腹で、若干かきこみ気味ではありましたが…それでも体に染み渡る懐かしの味。


来年は20分切れるようにがんばりたいですね!(・∀・)
目指すゴールは22分後に
2013年02月23日 (土) 23:06 | 編集
こんばんは。

さて、明日はいよいよ青海島マラソン大会の日です。

あまり事前にビッグマウスを披露するのはキャラではないのですが、ただの大会報告で終わるよりは、こういった試みがあってもいいんじゃないかと。…そんなわけで、明日の目標。


ずばり22分ジャスト。1kmあたり4分24秒計算。


なんかえらく中途半端ですが、私にできるギリギリのタイム設定です。陸上をかじった方なら分かると思いますが、これは結構なローペース。もしも今、毎日のようにグランドを駆け回っていた学生時代の私に出会ったなら、鼻で笑われそうな気がします。

それでもいいのです、私は走る陸上部じゃありません。

じゃあなんと?…走る文芸部です。なんか新ジャンルを確立しそうな勢いです。

これで速ければ、近所のおばちゃん方の中で、面白いネタになるんでしょうけどねえ。


とにもかくにも、「文武蘭Tシャツ」に身を包み、「Team 文武蘭」として参加してきます。

少しでもPR効果があればいいなあ。
絵師を求めて
2013年02月20日 (水) 23:52 | 編集
こんばんは!

これまでに計3冊(春・夏・秋)…ながと密着型文芸誌を発行してきた私たちですが、表紙はどれも文字のみでして。私のお気に入りである可愛らしいフォントを使用してみてはいるのですが、やはりお堅い印象が拭えませんよね。

ただ、文芸部時代に多少かじってみたとはいえ、私の絵では人を惹きつけるどころか退けてしまう予感。とりあえずは現状維持で、新入団員に期待する方向で行こうかな…と思っていた矢先の出来事。

現在制作中の文武蘭マーケットのパンフレット(会場配布用)なんですが…さすがにね、文字表紙では印象が薄いなと。今後要項が完成し、ポスターも掲示するとなれば、やっぱり視覚に訴えるものが必要でして。


長門市在住、あるいは長門市出身で、文武蘭のために一肌脱いでいただける絵師の方!

当然ながらアマチュアで、なおかつ作品の公開や頒布の機会を欲している方!!

そして金銭的余裕のない私たちのために、ボランティアで描いていただける方!!!


…を求めた結果、私の旧友で「やってやろうじゃないか」と立ち上がってくださった方がおられまして。正確には、私がお願いした形になるんですけどね。とにもかくにも、急なお願いにも快く引き受けていただけたことに感謝感謝です。

正直なことを言いますと、まさかすぐに、こんな条件に合致する方とお会いできるとは思ってなかったのでびっくり。1年前の設立から、目立った障壁もなく進む私たちのプロジェクト…ずっと追い風が吹いてくれている気がします。このまま吹き続けていてほしいものです。


そんなわけで、今後文武蘭マーケットのパンフ作成については、イラスト担当X氏(まだ名前は未公開)と、原案…という名の無茶振り師である私の二人で、進めていくこととなりました。


…久々にブログらしい、近況報告的内容となりましたね(*´∀`)
正式決定!「文武蘭マーケット01」始動!
2013年02月11日 (月) 00:25 | 編集
こんばんは!

随分と更新が遅くなり申し訳ありません。ここから加速していきますのでご安心を。…書きたいこと、書かなければならないことがたくさんありますので、暇さえあれば更新作業にあたりたいなと思ってる今日この頃です。

さて、2月が始まりまして約10日。各方面で協議を重ね、大会の形式や経費の問題等と向き合った結果、現時点ではまだ「案」となりますが、配布用のA4チラシができましたので公開します!

s-250206ポスター(案)_01

現時点では、まだ平成25年度の会場予約を受け付けていないようですので、日時はお伝えできません。…が、予定というか希望では、8月10日(土)に開催できたらなと思っております。

今はとりあえず…第1回の正式名称が「地域交流型文芸誌即売会 文武蘭マーケット01」に決定したということで、その名前だけでも覚えておいてもらえたらいいですかね。

モチーフとなったのは、大方予想がつくとは思いますが「コミックマーケット」です。ただですね、長門市はおろか、山陰、いや県内全域で見ましても、こういったアマチュアアーティストの発表・頒布の場って私のまわりにはほとんど存在しなくて。学生時代から、一度は他団体のレベルを知る機会であるとか、交流できる場は欲しいなと常々思っていたわけで、もうその衝動のあるがままに走りだした結果が「文武蘭マーケット」になります。

そして、第1回が夏ならば、第2回は冬になる。

これまた「夏コミ」「冬コミ」的な考えになりますが、すでに年2回の定期開催も目論んでいます。サークルの参加料についても、会場使用料・パンフレット作成代込みで「1団体1,000円」を切れるように経費削減に努めていまして、だいぶハードルを低くしたお財布にもやさしいイベントにしたいと考えています。

私自身も「ながと青年文芸団」の1アーティストとして執筆に励んでいるわけですので、とにかく負担が少ないように、それでいて満足できるように。コストパフォーマンスの高いイベントを目指しているわけで。自分で設定したものが、そのまま自分に降り掛かってくるために、非常にやる気になるのです(・∀・)

それでは、2月下旬から会場の予約ができるそうですので、そこで日時が確定し次第、正式にチラシの配布や申込受付を始めます。何度も言いますが、上のチラシはあくまでも現時点での「案」です。本番用はレイアウトや注意書き等、細々とした修正が入りますので、そのまま鵜呑みにするのは待ってくださいね。

以上、長門市初?となる文芸誌即売イベント「文武蘭マーケット01」の始動報告でした!進行状況は随時本ブログで紹介していきますので、乞うご期待っ!\(^o^)/
copyright&template: himeco
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。