ながと密着型文芸サークル「文武蘭-monburan-」
山口県長門市の青年たちが描く、地域密着型文芸振興Project。その名は文武蘭(もんぶらん)!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第28回いきいきのびのびながとふるさとまつり!
2012年10月28日 (日) 23:49 | 編集
こんばんは、団長です。

今日は「第28回いきいきのびのびながとふるさとまつり」に参加してまいりました!

中学生の時以来に足を運んだのですが…果たしてこんな名前のお祭りでしたっけ?つい最近まで、勝手にただの「ながとふるさとまつり」っていう、平凡で味気ない名前なんだと思っていましたよ。

さて、とりあえずメイン会場の市役所駐車場を1枚。
思っていたよりも人が少なく、賑わいに欠ける感が否めない状態です。

ただ、それもちゃんとした理由が。

朝9時頃、数あるイベントの先陣を切り、パレードが始まろうかというときに…長門市を豪雨が襲いましてね。

「あーもう今年は行くのやめようかな」って方も少なからずいたことでしょう。私は朝から会場入りしておりましたので、見事にびしょ濡れになってしまいましたよ。

ss-DSC_0039.jpg

ただ、本当に雨はその10分間だけでして。
それからは夏の盛りを彷彿とさせるような快晴となったのですよ。

写真をよく見てもらえれば、地面が乾いているのが見て取れます。
これでも、午前中に撮影した写真なんですけどねえ。


そして、お昼。


今年は「長門ご当地B級グルメストリート」なるものがありまして。
ここでランチは決まりだな、と思いました。

ええ、思いましたよ。

できたての焼き鳥を頬張りながら賑やかな雰囲気も一緒に味わえたらな…なんてね。

ss-DSC_0040.jpg

…はい、当然みなさんの予想通りの展開になりますよ。

私は焼き鳥にありつけませんでした(涙)


ながと本陣さんの焼き鳥をいただきたかったのですが、考えることはみんな同じということでしょうか。

写真の奥でちょっぴり隠れていますが、お店から伸びる行列が道路まで続いているのですよ。

「列に並ぶ労力」と「念願の焼き鳥」を私の中の天秤にかけた結果、早々に戦線離脱という結論に至ったのです。…もしかしたら、あとで列の消える時間帯が訪れるかもしれないですし、ね。


そんなわけで、長門市三隅青年団さんのブースで「焼きうどん」と「フランクフルト」をいただきました。

ss-DSC_0041.jpg

非常にうどんがボリューミィでしたね。

ただそのために、食後は見事に焼き鳥のことを忘れてまして。
思い出した時にはもう、お店のあった場所はただの駐車場に姿を変えていましたよ。


はい、全然中身に触れられていないようですが…それはまた市内の誰かがブログで語ってくれているでしょう。

とりあえず文武蘭ブログでは、お祭りの雰囲気と、私の間抜けっぷりが伝われば幸いです。


それではまた!
スポンサーサイト
団員紹介リミット5日前!
2012年10月27日 (土) 14:27 | 編集
こんにちは!

例の団員紹介ですが…今月末を期限として団員のみなさんに依頼メールをお送りしています。

…まだ誰からも返信がないのですが。10月はあと5日しかないのですが。
もうこんな厨二チックな名は使いたくないのですが、今回も「〆切際の魔術師」全開なのでしょうか。

それでは、簡単に質問事項を紹介しておくと。

ペンネームの由来、好きな小説と言った定番なところから始まり。
アイデアを思いつく(練る)場所や、登場人物の命名の方法等にも迫り。
自身が小説の中の世界で生きているとしたら、それはどんな物語のどんなキャラなのか…なんていうよく分からない質問までぶつけています。

どんなアンサーが返ってくるのか楽しみですな。

…よくよく考えたら、全部私も答えなければならないんですが。
質問練るのに思ったより悩んで(そうは言っても1~2時間)、その事実を忘れてまして。

おいおいお前も「〆切際の魔j(ry」なのかよと。

とにもかくにも、お楽しみにってやつです。
それではでは。
体力をテストしてみたり
2012年10月25日 (木) 22:35 | 編集
…こんばんは。

ちょっぴり疲れ果てております、団長です。

「ちょっぴり」と「果てて」が相反しておりますが、
それすらも気づかないほど疲れているということを読み取っていただけたら幸いです。

さて、今日はルネッサながとで行われた、市の体力テストに行ってきました。

テスト内容は学生時代とほぼ同じ。
握力・長座体前屈・立ち幅跳び・上体起こし・反復横とび・20mシャトルランです。

私は文化系の人間と思われがちですが、高校2年の夏まではバリバリの運動部。
この身の下では、今も体育会系の血が流れていたりいなかったり。

…もっとも、「文芸部の割には運動できる」程度ですけどね(´∀`)


ではでは、テスト風景を描写してもつまらないので、早くも結果発表っ。

反復横とびは61回(20秒)、満点でした。
20シャトルランは95回(打ち切り)、満点でした。
その他4種目も、10点満点中5~7点とまずまずの結果。


そうして算出された私の体力年齢は…「25~29歳」!!!


実年齢を5歳以上も上回ってるじゃないですかあ!!!(´Д` ;)


これから冬になり、駅伝やマラソンのシーズンを迎えます。
そろそろランニングでも始めて、しっかり体を鍛えていかなければ。

…って、それじゃすでに満点のシャトルランしか伸びんやないかーっ(笑)

募集要項~2012秋号~
2012年10月20日 (土) 22:59 | 編集
こんばんは!

団誌「文武蘭」、秋号の募集要項を公開します。

夏号みたいな波乱が起きなければ、下記のとおり12月15日(土)に完成予定です。

販売・頒布は来年度の中央公民館まつりまでお預けですが…
それはどうにもできないことなのでご了承いただけたらなと思います。

★秋号制作~今後の日程~

✩第1〆切…11月26日(月)
基本的に、作品の投稿はこの日までです。

✩不投稿確定〆切…11月30日(金)
今回は12月に入ってからの投稿は一切受け付けないこととします。
第1〆切に間に合わなかった場合でも、1週間しか猶予は与えられないです…。

✩校正後原稿返却…12月3日(月)
〆切後、最初の週末で校正を済ませ、著者に原稿をお返しします。

✩第2〆切…12月7日(金)
著者の最終確認後、提出していただく〆切です。
ここで、ページ数の調整のために「あとがき」を書いてください。

✩印刷製本…12月15日(土)
最後に掲載順と総合あとがきを私が考え、余裕を持って印刷へ。

今回は、1人あたり5~12ページを目安にします。
これを超える場合は、連載モノとしてどこかで切ること!

また、今後1ページあたりの文字数は増やしていく予定です。
※現在は600~1200文字程度(改行や会話文で大きく変わってきますが)

ではでは、がんばっていきまっしょい!(*・∀・*)
vol.2~2012夏号~紹介
2012年10月14日 (日) 22:59 | 編集
こんばんは!

さて、先日完成しました夏号の掲載作品をご紹介します。

ss-CIMG2008.jpg

ちなみに、今回も購入は受け付けておりません。
試し読み程度であれば、お近くの団員に声をおかけください。

★来年度の公民館まつりにて、2012年度総集編を販売予定。
(確定事項ではないため、あくまでも予定です)

また、夏号からは、作品に「テーマ」をつけて投稿していただいています。これで一目で概要が分かる…かな?※作品名の前の二重カッコ部分がテーマとなっています。

それではどうぞ!(・∀・)


《川尻岬×青春のうた》

★マイメモリアルソング~岬めぐり~/吹野等


小説:4ページ(完結)

かの名曲「岬めぐり」をテーマとした、バス中のとある出会いと別れの物語。


《深川っ子×ミステリアス日常語り》

★もう一人の深川っ子(2)/望月光希


小説:15ページ(次号へ続く)

社会に疲れきった主人公が出会ったのは、闇を持った野球少年と、どこか懐かしい少女。三者三様の思いを胸に繰り広げられるのは、「もう一人の深川っ子」を巡るミステリアスな日常物語。


《深川のどこかのあぜ道×ファンタジー》

★道を歩く/空虚竜哭
          

小説:4ページ(完結)

「僕は道を歩いている」この言葉が何を表しているのか、そして空虚竜哭の込めた思いとは。ちょっぴり哲学的でファンタジックに綴られる物語。


《大津高校×青春》

★五歩先のセンパイ/マグネシウム・リン


小説:13ページ(完結)

マグさんらしい、情景や心理を巧みに描くこの作品。懐かしく、そして愛おしい。そんな、淡い青春恋物語。


《仙崎花火大会×SNS恋物語》

★大輪は、遠く儚く煌めいて(1)/海波かなた


小説:12ページ(次号へ続く)

夏号から参加の小説担当、海波かなた。花火大会を舞台にしつつも、SNSから始まる現代的恋物語。


あとがき:3ページ

本ブログでも語っております「〆切際の魔術師」へ向けた団長の愚痴が収録(笑)


夏号は総計52ページ!(春号から16ページ↑)
文庫換算150ページ程度のボリュームはあると思われます。


この調子で、みんなガンガン書いていきましょう!(`・ω・´)


次号は「vol.3~2012年秋号~」、12月下旬発行予定です!

乞うご期待!
秋の味覚、長門ゆずきち
2012年10月11日 (木) 20:09 | 編集
こんばんは。

さて今日は、俵山の特産品「長門ゆずきち」をいただきました。

ss-CIMG1966.jpg

見た目にも涼しげでいいですね。

用途としては、一般のゆずと同様であると考えて、定番は刺身醤油・焼き魚・唐揚げ・豆腐とかでしょうか。種がなく、果汁がたくさん絞れるのが特長だそうですよ。

個人的には、小学生だか中学生だかのときに給食で出された「ゆずきちポンチ(フルーツポンチに薄切りのゆずきちが入っている)」が一番美味しかったなあ。割と、最近有名になった感があるのですが、結構前から栽培が行われていたんでしょうね。とにもかくにも懐かしいです(*´ω`*)


しかし、自分でフルーツポンチ作るにはお金と時間が…。


まあ、いろんな食べ物に使えますし、ちょこちょこと小出しに秋の味覚を堪能していきましょうか(´∀`)
夏号製本!
2012年10月08日 (月) 19:51 | 編集
こんばんは。

さて、昨夜ようやく夏号の製本が終わりました。

いやあ、濃かった。
たった1~2週間の戦いなのに、長かった。

そんなわけで、製本風景の紹介スタートです。

まずは草取りから。
(書類を並べて取っていく作業のこと。Googleさんで検索してもヒットしないため、もしかすると一部地方でしか使われていない表現なのかもしれない…)

ここでミスを犯すと本が本にならなくなります。
何事もはじめが肝心と言いますが、まさにその通り。

ss-CIMG1699.jpg

ただ、それでも平常運転の団長。
昨日の印刷失敗でやつれていたのが嘘のよう。

ss-CIMG1811.jpg

あとはまとめてガチャックで仮どめ。
そして中綴じホッチキスタイム。ここで失敗するわけにはいかないため、慎重に針の位置を確認します。このとき、部屋の中は静寂が支配し、緊張感マックス(決してホッチキスのメーカーとかけているわけではない)でした。

ss-CIMG1827.jpg

最後に二つ折りすれば完成。

ss-CIMG1986.jpg

緑の表紙が爽やかでいいですね。

今回は「校正」を重視しただけあって文章の質は向上。
多少の波乱はありましたが、結局3日×1時間の計3時間で印刷&製本作業は終わりました。

団員のみなさん、お疲れさまでした!
トナーが届きました!
2012年10月07日 (日) 12:12 | 編集
こんにちは!

実際には数日前(作業前)なのですが、無事トナーが届きました。

ss-CIMG1577.jpg

これまでは、プリンターの購入時についてきた物を使用していたためによく分かっていなかったのですが、想像以上にトナーって高価な商品なんですね。計算すると、A4を一枚刷るのに、3~4円もかかっているわけで。ただまあ、それでもインクジェットプリンターやコピー機に比べるとコストは低いんだとか何とか。

本の制作において、最もコストがかかるのがトナーということがよーく分かりました。

紙代なんて、上質紙でも安いものですよ、本当に。

そんなこんなで、本日製本作業に入ります。
団員のみなさん、がんばっていきまっしょい!(`・ω・´)
10/6(土)夏号印刷!…のはずが
2012年10月06日 (土) 21:30 | 編集
…こんばんは。

いつになくテンションが低いです、望月です。

もはや「望月」とは言えないような暗さを身にまとってますが。


さて、今日は1週間延期となった「文武蘭」夏号の印刷日でした!

…が、しかし。

ss-CIMG1629.jpg

紙が詰まり続けます。


3枚中1枚が、2枚中1枚が、気が付けば全部詰まるように(泣)


おかしい…替えたばかりのトナーの調子が悪いのか?

それとも…プリンターに何か不具合でもあったのか?

ss-CIMG1659.jpg

理由は何であれ、積み重なっていくミスプリント用紙。

作業開始から1時間が経とうとしているにも関わらず、一向に前進できる気配がありません。

ss-CIMG1639.jpg


どうする…どうすればいい…!


…決めた。


明日また出直してきます(´∀`;)


ああ、単に機嫌が悪いだけならいいのだが。

トナーを買い足したせいで懐が寂しいのです…(´・ω・`)

※やればやるほど、ミスプリントの紙代&施設使用料がかかるわけなので。
なお発行日は
2012年10月05日 (金) 20:48 | 編集
こんばんは!

さて、明日やっと印刷作業を再開する夏号ですが…
ここで、ちょっぴりお許しを願いたいことがありまして。

ss-CIMG1545.jpg

実はですね、今回は最初に表紙を印刷してる関係で…裏表紙裏の「印刷日」と「発行日」がともに「9月29日」のままになっています。本来ならきちんと直すべきところなのかもしれませんが、再印刷だと資源の無駄を生み、手書き修正だと美しさを奪ってしまいます。


そんなわけで、放置です。

ただ、年度末の活動報告では、きちんと10月であげておきます。


以上、何か自身が振り返るときのためだけの記事になってしまいました。

ごめんなさい、それではまた。
copyright&template: himeco
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。