ながと密着型文芸サークル「文武蘭-monburan-」
山口県長門市の青年たちが描く、地域密着型文芸振興Project。その名は文武蘭(もんぶらん)!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
行くぜ、文武蘭!part2
2012年04月29日 (日) 22:46 | 編集
このパートはおまけです、もっちーです。

先ほどのゆめタワーの展望台にて、
定番のご当地ピンズのガチャが並んでいたのですが、
その中に、ちょっぴり気になるガチャを発見しましてね。

「海響館で人気の魚&動物がクリアストラップに」

そんな感じだったと思います。

ちなみに1回200円。

出てくるのは4種類…
イルカ・アザラシ・ペンギン・マンボウだったかな。

やっぱりペンギンがいいなあ、なんて思いつつ眺めてましたね。

年を重ねた大人さんだと理解してもらえないかもですが、
ガチャって、なんか逆パンドラの箱的な要素が強いと思いませんか?

出てくるのは、何かは分からないけど希望に満ちたいいものばかり。
ただその奥底に、ちょっとしたトラップがあることも知っていますよね。

だったら箱を開けなければいい。
つまりはガチャをしなければいいってことになっちゃいますけども。

まあ、このガチャをやろうと決めた時点で、
出したお金分に見合った成果が手に入るとは思ってるんでしょうけど…

やっぱり商品に順序をつけてしまうというか、
「これは出てもあまりテンションあがらないなあ」ってものが、必ず1つはあったりしませんか?

今回のもっちーで言うとそれは「マンボウ」でしたね。

そんなことを心の中で思いつつ、200円投入。

ころん。

ss-CIMG1043.jpg

すると見事にフラグを回収してしまいましたよ(笑)
ガチャさん、えらく空気を読みますねえ。きちんと伏線を回収するあたり、小説家の鏡ですね。

ここで100円玉がなくなってしまったため、
両替してもう1回だけ挑戦してみることにしました。

こんなところで何百円も失うわけにはいかないですしね。

さあ、200円投入。

ころん。

ss-CIMG1048.jpg

2回連続マンボウだと…!!!

恋人が歩き回るGWのゆめタワーで、
1人、2匹のマンボウを手に笑いをこらえていたもっちーなのでした。

ちなみに、マンボウストラップはしっかり活用してますよ!
なんだか、だんだんと愛着が湧いてきました。

そんな感じでもっちーでした。

おやすみなさい。
スポンサーサイト
行くぜ、文武蘭!part1
2012年04月29日 (日) 22:04 | 編集
こんばんは、もっちーです。

昨日はちょっぴり出張して、下関まで行ってきました。

たまに道路脇やバス広告等で見る「実現しよう山陰道」の文字。
いつになるのかは分かりませんが、長門と下関はつながる未来にあるのでしょう。

さすがに合併まではいかないでしょうけどね。

とりあえず、ドライブしたい気分だったというのもあり、
生まれてはじめて「海峡ゆめタワー」へと足を運んできました。

ss-F1000007.jpg

地上から143mの展望台(30階)からは、
火の山や関門橋も見え、都会の街並みと美しい海とのコントラストがいい感じ。

どうやら、28~30階しかゆめタワーにはないようでして、
30階は上記のとおり「THE・展望台」なフロアになってまして、
29階はカフェ&レストランみたいになってました。(もっちーの訪れた時間は開いてませんでした)

そして28階は…「恋人の聖地」。

ss-F1000006.jpg


写真は「縁結び神社」でして、
恋人との絆を永遠に、と願った絵馬が横にはいっぱい飾られていました。

初日とはいえ、やはりGW。
カップルで訪れてる方は多いですね。

展望台からの絶景を楽しみ、
縁結び神社で愛を確かめ合い、
恋人の聖地を存分に味わっておられました。

他にも大きなハートの枠が設けられた、
恋人たちのための写真撮影スポット等…
右を見ても左を見ても「恋人の聖地」となっていました。

こうして「恋」をテーマに推していった結果、
「ただの展望台」で済ませなかった海峡ゆめタワー。

つまりは、アイデアで新たな観光資源を作りだしたということですよね。

これは、もっちーの目指すプロジェクトの終着点の1つでもあります。

「金子みすゞ」を推し続け、様々な売り方を考えるのも1つのやり方かもしれません。
しかし、長門市が今以上に輝けるのかと聞かれれば、現状維持+α程度が限界かもしれません。

もっちーのプロジェクトが目指すのは「長門に文芸の風を呼び込むこと」。

つまりは長門の地に、今までにない新たな観光資源を作り出すことです。

海峡ゆめタワーは、もっちーにやる気をくれました。

その勢いと気持ちを胸に…行くぜ、文武蘭!!!

そんな感じでもっちーでした!part2へ続きます!
青年の文芸を愛する者たちの集団→…
2012年04月24日 (火) 00:20 | 編集
こんばんは、もっちーです。

文芸青年団となってからわずか1日足らず…

長門にはすでに「三隅青年団」という組織がありますし、
何かその真似をしているみたいで嫌だなって意見が出てきました。

たしかに、もっちーも「ぶんげーせーねんだん」っていう連続長音が気にはなってました。

本当にねえ…どこまでも「新しさ」を追求したい年頃なのですよ、文武蘭ってのは。

ただまあ、また1から考えると前の話し合いは何だったのかということになりますし。

んー…

「略して青年団になってれば、一応青年団って分かるんじゃない?」

「じゃあ、ちょっと入れ替えて青年文芸団みたいな?」

「あ、なんか少年探偵団みたいでいい感じ!」

そんなわけで、「青年文芸団」となりました、文武蘭です。

まず文芸団って言葉が存在していない気もするのですが、
同じようなつくりの「応援団」って言葉は普通にありますしね。

いや、ちょっと違うかな。

まあとにかく、正確には「青年の文芸を愛する者たちの集団」…。
いったい誰がそんな名前で呼ぶんだという感じで、略して「青年文芸団」…いい感じ!

こんなことがありましたとさ。

もっちーでした。
青年団って響きがいいな
2012年04月22日 (日) 21:07 | 編集
こんばんは、もっちーです。

まだまだ文武蘭は始まったばかり。

一応、規約は作成当初のものが見られるようにはしてありますが、
実を言うと、結構な箇所が訂正されちゃっているのです。

たしか、はじめは「ながと文芸集団」だったかな。

ただ、それだとまったく何の集まりだか分からないということで、「青年文芸集団」になりまして。

しかし、よくよく考えると「集団」って本当にただの集まりみたいで嫌だなと。

そして、「青年文芸愛好会」ってのが案として浮かび、
これじゃ団長の座ごともっちーが居場所を失いかけるという緊急事態となり。

そもそも「愛好会」ってゆるい感じすぎるだろうとツッコミを受け。

ふいに「青年団」って響きがいいよねって誰かがつぶやいたので、
もういいや、「ながとを愛し、文芸を愛する青年たちの集まりなんだから」って…

「ながと文芸青年団」になっちゃいました、文武蘭です。

本当は「文武蘭」が正式名称なんですけどね~。

客観的に、一目でどういった集まりなのかが分かるようにってことでつけてるので、
正直言うと、どんな形でも「文芸」と「青年」的要素が入っていればおーけーじゃないかなと思います。

ぶんげーせーねんだん。

長音が並ぶとちょっぴり言いづらい気がするけど。
まあ、そのときは「文学青年団」とでも言ってもらえたらいいかな。

今回のは、そのくらいアバウトなネーミング会議だったとさ(笑)

以上、もっちーでした。
ルネッサのテニスコートで遊んできました
2012年04月17日 (火) 23:27 | 編集
こんばんは、もっちーです。

毎日毎日、文字やパソコンとにらめっこ。

文武蘭にとっては良いことかもしれませんが、
もっちーの体としてはあまり良いこととは言えません。

そんなわけで、ルネッサながと横のテニスコートで遊んできました。

有料のテニスコートではなく、隣接する無料の壁打ちゾーンなのですが。
ついでに、テニスは超がつくほどの初心者なので、やわらかーい軟式ボールでレッツゴーです。

ss-CIMG1032.jpg

位置的には、ルネッサながと(下の写真の左後方の建物)を過ぎ、
テニスコートの入口(これまた左後方…対角線上の場所にあります)も過ぎた先の一番奥のスペース。

ss-CIMG1034.jpg

テニスコートは砂入りの人工芝のようですが、
こちらは堅いコンクリート?製となっています。

はしゃいで飛び回りすぎると、軽ーくひざにきちゃうかも。
誰が壁打ちでそんなにはしゃぎまわるのかって話ですけどね。

ss-CIMG1036.jpg

そういえば、ここは硬式ボールも使用可みたいです。

ちゃんとそう書いてあったわけじゃないんですが、
もっちーのあとから来られた方は硬式ボールで遊んで…いや、練習されてました。

一応、壁打ちゾーンの柵にかけてあった注意書きも載せておきましょうか。

ss-CIMG1037.jpg

それでは最後に。

テニスコートの裏には線路がありまして、
その向こうに見える緑色のネットに囲まれた建物はバッティングセンターです。

昔はちょくちょく友だちと遊びに行ってたなあ。

ss-CIMG1035.jpg

ちなみに、車であれば国道を通って大回りしないといけないのですが、
自転車や徒歩であれば、テニスコートから直接バッティングセンターまで行ける小道があります。

この写真の右の方から下りる道がありまして、
写真上のバッティングセンターの奥側に抜ける感じですね。

撮影してなくてごめんなさいですが、まあ参考にしていただけたらと。

ルネッサながと施設案内(テニスコート)

参考と言えば、一応テニスコートの施設案内(ルネッサながと公式HPより)を載せておきましょう。

そんなわけで、心機一転というほどでもなく、
むしろ筋肉痛に苦しんでおります(笑)…もっちーでした。
お花見!in深川川河川敷
2012年04月07日 (土) 23:33 | 編集
お久しぶりです、もっちーです。

…うん、ブログで「お久しぶり」って禁句だとは思うんですけどね。



さて、今日は深川川の河川敷へお花見に行ってきました。

軽くコンビニ等で購入した食べ物&飲み物を手に、
友人たちと地べたに座り(とはいえ敷物の上)、しばし春の空気を味わいました。

ss-CIMG1014.jpg

昼過ぎには続々と車が入ってきまして、
右を見ても左を見てもお花見客という状態になってましたね。

ss-CIMG1009.jpg

深川川と桜のコラボレーション。

ss-CIMG1005.jpg

桜の下を歩くってのも風流だなと思ったり。

ss-CIMG1006.jpg

今が見頃なのは言うまでもありませんので、
桜吹雪もいいですが…満開の桜もご覧になってはいかがでしょうか。

ただ、ちょっぴり風が冷たいですので、
防寒対策はしっかりされた方がいいと思います。

そんなわけで、深川川のお花見レポートでした。

よくよく考えると、今年度初の記事となっちゃいました。
1週間も遅れて申し訳ありません…もっちーでした。
copyright&template: himeco
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。