ながと密着型文芸サークル「文武蘭-monburan-」
山口県長門市の青年たちが描く、地域密着型文芸振興Project。その名は文武蘭(もんぶらん)!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
団員紹介No.5~桜来友里愛~
2012年12月24日 (月) 21:19 | 編集
※遅くなりましたが、団員紹介インタビュー最後の1人です。公的には団員を6名(今日現在)としていますが、1名は事務作業助っ人ですので、インタビューは辞退されました。それでは、どうぞ!


――こんにちは。インタビュアーはお馴染みの団長です。今日はよろしくお願いします。

――まずは、ペンネームをお願いします。また、その由来って何なのでしょうか。

咲来友里愛(さくらゆりあ)です。このペンネームの由来は、友達がいる故郷が大好きという意味で友里愛です。咲来は、桜と[咲く+来る]をかけてます。つまり、桜が咲く時期に私の大切な人が長門に帰ってきてくれるといいなと思ってつけてみました。

――誕生日はいつですか。

もちろん、桜の咲く時期ですよ。4月2日です。

――血液型は何型ですか。

B型です。マイペースで、一つのことに没頭すると周りが見えなくなってしまうので、周りの人はちょっぴりイライラかもです。

――好きな作品とその魅力について教えてください。

野梨原花南様のちょーシリーズです(コバルト文庫)。最初は、絵の可愛さが気に入って買ってみたのですが、内容も申し分ないものでした。シリーズはじめのタイトルは「ちょー美女と野獣」。おとぎ話のようなタイトルです。でも、中身を読んでみるとゲームをしているような感覚で読める壮大な内容の小説だったわけです。恋愛ものの小説が苦手な私にとって、冒険もの+少し恋愛ものというタイプのこの小説はぴったりでした。内容はもちろん間に入っている挿絵も楽しめます。とにかく世界観がとてもきれいです。音楽に例えると私の大好きな作曲家ドビュッシーでしょうか。場面場面できらきらした曲を流したくなります。もちろん、はらはらする場面などもありますが。

――好きな小説のジャンルは何ですか。

冒険ものです。冒険ものといっても、冒険もの+αでなにか別の要素が入り込んでいるものがいいですね。欲張りなので。

――文芸活動を始められたきっかけは何ですか?

中学校のときに大好きなシリーズ、ちょーシリーズに出会ったことですかね。この作品に感動した私は、自分なりに小説を少しずつ書くようになりました。それで、友達に読んでもらったところ、褒められたので、もっと上手になりたいと思い、書き続けるようになりました。

――小説の登場人物の名前って、どうやって決めてるんです?

思いつたものをカタカナかひらがなで書き出してみて、ストーリーを決めた後に、ストーリーのイメージに合うように漢字にします。漢字は、慎重に決めます。思いつかないときには、花の名前を使ったりしていいます。

――アイデアはどこで思いつく(練ってる)んですか?

図書館ですかね。静かなので、一人の世界に浸れます。また、息抜きしたいときには、大好きな本が沢山ありますし。

――もしも自分が小説の世界で過ごしているとするなら、どんな物語のどんなキャラだと思いますか?

FF+ちょーシリーズみたいな世界の住人になりたいです。どんなキャラ?そうですね。天真爛漫、不思議で破天荒ですかね。

――以上、咲来友里愛さんへのインタビューでした。ありがとうございました。

ありがとうございました。
スポンサーサイト
団員紹介No.4~空虚竜哭~
2012年11月09日 (金) 00:51 | 編集
――こんにちは。インタビュアーはお馴染みの団長です。今日はよろしくお願いします。

よろしくお願いします!

――まず、ペンネームをお願いします。また、その由来って何なのでしょうか。

空虚竜哭(そらうろりゅうこく)です!ペンネームの由来ですか……そうですね……。半分は今までの他の場所で活動していた名前の引き継ぎですかね。残り4割は、竜が哭くように何かでかいことができたらいいなっていう思いも込めてって感じですかね。主に文芸活動で……。後の1割は、まぁ、分かる人には分かると思います(意味深)。

――誕生日はいつですか。

8月5日です!調べてみると……なんと、あの玄宗皇帝と同じ誕生日でした!これは、喜んでいいのやら、悲しむべきなのか……。とりあえず、美人さんには気をつけます(笑)

――血液型は何型ですか。

O型です。でも、周りからはA型みたいに几帳面って言われて嬉しかったり……。

――好きな作品とその魅力について教えてください。

最近は、貴志祐介さんにはまっています。ずばり、好きな作品は「新世界より」。今、アニメでも放映されてますよね。独特の世界観と、個人的にストライクな近未来の感じが何ともたまらないです。ボリュームは厚く、ハリーポッターといい勝負ですが、情感の途中から引き込まれます。私は何やかんやで1日で読破しました。勿論、完徹で(笑)。

――好きな小説のジャンルは何ですか。

SFですかね。その中でも、近未来とかは結構好きですよ。後、ホラー系統もいけます。最近は、幽霊的なホラーよりも、人間の奥深くにあるホラーの方が怖いって感じたりしています。現実ではなく、小説の世界の中で(苦笑)。

――文芸活動を始められたきっかけは何ですか?

もともと、本とか読むのが好きだったんですが、いつの間にか自分でも書きたいっておもったからですかね。まぁ、ぶっちゃけ、大好きな作品が未完だったので、その続きを自分なりに想像して、それを書けたらおもしろいなぁって子供心に思ったのが始まりだったのかもしれませんね。

――小説の登場人物の名前って、どうやって決めてるんです?

ぱっと思いついたのを使ったりしてますね。後は、好きな漫画や本から借りてきたり、昔いた友達の名前を使ったりだとか。結構、その時々で変えていますよ。

――最後に、アイデアはどこで思いつく(練ってる)んですか?

ぼーっとしている時が一番多いですかね。例えば、夜寝る前に布団の中で妄……いや、想像したり、電車で移動する時とか、布団から出たくない時ですかね。まぁ、学生時代は、授業中の合間、特に眠くなりかけた時とかに考えたりすると結構おもしろいアイデアが思いつくんですよね。先生的にはありがたくないですけど、私的にはありがたかったです(笑)。

――もしも自分が小説の世界で過ごしているとするなら、どんな物語のどんなキャラだと思いますか?

そうですね……。やっぱ泥臭い、人間味があるキャラがいいですねー。最近は、ホラー物ばっかり読んでいるんですが、よくあるように、真相に近づいた為に死ぬことになるキャラって居るじゃないですか。真実を仲間に伝えきれないまま、死んでしまうような。そんな感じですかね。最後までたどり着いている感じで、一歩足りないみたいな。刑事物で言ったら、準主人公みたいな感じで、推理を間違って犯人をかばっちゃったりしたりするような、どこか抜けている感じが私ですかね(笑)。

――へえ、なるほどなるほど…。以上、空虚竜哭さんへのインタビューでした。ありがとうございました。

ありがとうございました!
団員紹介No.3~ふきのとう~
2012年11月08日 (木) 00:13 | 編集
――こんにちは。インタビュアーはお馴染みの団長です。今日はよろしくお願いします。

よろしくお願いします!いやあ、インタビューなんて緊張しますね(笑)人から取材されるなんてなかなかないので……。

――別にそんなに緊張しなくても……いつも通りで大丈夫ですよ!

いつも通り……ですか。まあ、努力します(笑)

――お願いしますね!さて、では早速質問に入ってゆきたいと思います。まず、ペンネームをお願いします。また、その由来って何なのでしょうか。

はい、それでは改めましてペンネームを申し上げますね! 
僕は、吹野等と申します。ひらがなにするとふきのとう。この字を見てピンと来た方とはなんだかお友達になれそうです(笑)

――うーん、なんとなく野菜だってことは分かるんですが…。

まあ、ですよねえ。実はこのふきのとう、僕が好きな歌手、というかグループなんです。中学生の時に懐メロにはまって以来、ずっと昔の歌ばかり聞いてきました。ふきのとうは、その中でもトップ3に入るぐらい好きですね。なんというか、情緒にあふれるというか、季節感がたっぷりで非常に素晴らしいと思います。最初に聞いたのが「白い冬」。で、その次が「風来坊」ですね。

――あれ、そういえば数年前にのど自慢でその曲を聞いたことがあるような……。

よく覚えてますね(笑)実は高校生の時に若気の至りで出場したことがあるんですよ、「風来坊」で。結局予選落ちでしたけど、予選に出場できただけでも幸せだと思っています。

――なるほど……。すると、ペンネームはふきのとうから来ているのですか?

はい。ふきのとうを漢字変換したら吹野等が出てきたので、それを使いました(笑)それに、このペンネームは高校生の頃から使っているので、愛着がありますね。

――なるほど、ペンネームにはそのような由来があったのですね。では次の質問に移らせていただきます。吹野さんの誕生日はいつですか。また、血液型は何型ですか。

なんだか、ナンパみたいですね……。女の子に聞かれたら嬉しかったんですが…冗談ですよ(笑)僕の誕生日は8月17日です。血液型はA型です。

――次の質問です。好きな作品とその魅力について教えてください。

うーん、難しいですね……。お恥ずかしい話ですが、大学に入ってからあまり小説を読んでないんですよね。比較的最近読んだ本から強いて挙げるとするなら、夢野久作の「少女地獄」でしょうか。あれは非常に面白かった。三篇から構成されているんですが、一気に読んでしまいましたね。

――なるほど。では、好きな小説のジャンルは何ですか。
これまた強いて挙げるならミステリーでしょうか。ただ、あらかじめ断っておくと、自分は正統派の読み方ではありません。本格ミステリファンの方々には申し訳ないですが、トリックを自分で解こうと努力しないのです。どちらかといえば、作品が醸し出すドキドキハラハラ感が好きで読んでるというか。だから、どちらかといえば本格系よりも若干サスペンスよりの作品の方が好きですね。あ、ミステリ以外では純文学を読みますよ。

――ミステリーですか……。いつか、吹野さんが書く作品も読んでみたいですね!では、次の質問。文芸活動を始められたきっかけは何ですか?

きっかけ……ですか、これまた難しいですね。気が付けば書いていましたから。

――おお……それはスゴイ!

いやいや……そんな大したことじゃないですよ(笑)おそらくは、創作を始めたのは中学の頃ですね。生活ノート(連絡帳のようなもの)で、十行ほどスペースがあるのですが、それを埋めるために小説を書いていたんです(苦笑)先生からのコメントが毎回返ってくるのが嬉しかったですけどね。今思えば、それがきっかけだったのかもしれません。本当に、ちっぽけなきっかけですけどね。

――いやいや、それも立派なきっかけだと思いますよ!次ですが、新しく創作を始めたいと思っている方にとって参考になるかもしれないのでお聞きしたいのですが、小説の登場人物の名前って、どうやって決めてるんですか?また、アイデアはどこで思いつくというか、練ってるんですか?

なるほど、そりゃまた責任重大ですね、適当なことは言えませんね(笑)まあ、登場人物の名前に関して言えば簡単で、名字は基本的に戦国大名から取っています。下の名前は適当です。なるべく今風の名前にしたいとは思っていますが、なかなか難しいですね……。あと、アイデアについては……まあ、なんらかのテーマが与えられたらそれに沿って書けばいいんだからひたすらパソコンの前で唸っています(笑)フリーのときは、もう本当にどこで思いつくとかはなくって、偶然浮かぶってことが多いです。

――なるほど……。さて、残り時間も少なくなって参りました。最後の質問です。もしも自分が小説の世界で過ごしているとするなら、どんな物語のどんなキャラだと思いますか?

自分は……なんだかんだ言って、平凡な暮らしを送ってそうですね。でも、なにか非常時にはちょっとした力を発揮できるような、そういうキャラクターだったら嬉しいな、と思います。

――ふむふむ、なるほど。では、以上で吹野さんへのインタビューは終わりです。ありがとうございました!

ありがとうございました!
団員紹介No.2~マグネシウム・リン~
2012年11月07日 (水) 00:05 | 編集
――こんにちは。インタビュアーはお馴染みの団長です。今日はよろしくお願いします。

よろしくお願いします。

――まず、ペンネームをお願いします。また、その由来って何なのでしょうか。

マグネシウムとリンはミネラルのひとつなんですが、人体にとって不可欠の物資なんですよ。それで、「読者にとって自分の作品が不可欠なものになって欲しい」という思いがこもっています。

――誕生日はいつですか。

12月13日です。ときたま、金曜日が誕生日になって夢にジェイソンが出てきます。、、、あ、冗談です(笑 ネタが古いですね。

――血液型は何型ですか。

AB型です。よく変人だと言われます、、二重人格は自覚済みです(笑

――好きな作品とその魅力について教えてください。

日本の小説はあまり読んで来ませんでした。海外の児童書はよく読みました。韓国のドラゴンラージャ、イギリスのダレンシャン、ハリーポッター、アメリカの崖の国物語、パーシージャクソンシリーズ、デルトラクエスト、、、など。ただ、映画も作品だとしたら、スターウォーズは大好きですね。

――好きな小説のジャンルは何ですか。

先ほど言ったとおり、SFやファンタジー、ミリタリーなどが好きです。だから、学園ものとか、書くのは苦手です。

――文芸活動を始められたきっかけは何でしょうか?

一日中本を読んでいて、"もっとここいう方が面白い"って思いが重なって行った結果、気づいたら小説を書いてました(・ω・)ノ気づけば息をするのと同じ感覚でストーリーが出てきます(大袈裟

――小説の登場人物の名前って、どうやって決めてるんです?

適当です(笑

ただ、同じ音がかぶるのは避けてます。たとえば、ら行ばかり使うとか、そーゆーことはやめてます。。予測変換機能を使って打つのでややこしくなるんです。あるアニメの監督は無意識に同じ音をつかった名前ばかり使ってましたけど、自分はしません。あと、Wordでルビを使うとページのバランスが崩れて、さらにキャラの名前が漢字だけだとわかりにくい、ような気がするのでカタカナを使います

――アイデアはどこで思いつく(練ってる)んですか?

高校時代は通学が自転車で1時間くらいかかっていたので、その間小説のストーリーを考えてました。今は社会問題や日常生活を題材に、意識してストーリーを作っています。あと今も昔も、夢は大事な取材対象です。面白い夢があったら、朝起きてメモを残します。これ、結構大切です

――もしも自分が小説の世界で過ごしているとするなら、どんな物語のどんなキャラだと思いますか?

SFが好きなので、そーゆー世界です。正体不明の"何か"に攻撃されてる街で暮らす平凡な男、、、で"何か"と戦う美少女に片想いして影で支える人物、、、。

そんなことを考えてると、このストーリーかきたくなってきましたw

――なるほどですねえ。以上、マグネシウム・リンさんへのインタビューでした。ありがとうございました。

ありがとうございました。
団員紹介No.1~海波かなた~
2012年11月06日 (火) 00:01 | 編集
――こんにちは。インタビュアーはお馴染みの団長です。今日はよろしくお願いします。

よろしくお願いしまーす。

――それではまず、ペンネームをお願いします。また、その由来って何なのでしょうか。

海波かなた、と申します。本名をベースに、響き重視で考えました。ええ、考えました。最終的にこの名で落ち着くまで、2~3週間もの悶々とした日々を過ごしましたよ。

――誕生日はいつですか。

3月5日です。ひなまつりで食べきれず、余ってしまったあられたちが、湿気るか湿気ないかの瀬戸際くらいの日に生まれました。どうでもいいことですが、砂糖でコーティングされたものが一番好きです。我が家に祝うような少女はいませんが、毎年何故かあられは食べている気がします。

――血液型は何型ですか。

A型です、見るからに聞くからに何をどうしてもA型に思われるほどの純粋なA型です。

――好きな作品とその魅力について教えてください。

えーと、私はライトノベルが大の好物でして。基本的に雑食で惚れやすく、何でも好きになってしまいがちなのですが…しいて言うなら思い出深い「生徒会の一存(葵せきな著)」を挙げたいと思います。軽い読み味、笑いと涙の黄金比、私がライトノベルにドハマりしてしまった元凶であり恩人というべき作品ですね。

――好きな小説のジャンルは何ですか。

スパイスを効かせた日常系、ですね。ただの日常でもなく、かと言ってぶっ飛んだファンタジーでもなく。あくまでも日常がベースにあって、その上でスパイスを効かせるようにミステリー・ホラー・青春・恋愛等が織りなしていく物語…ってところでしょうか。

――文芸活動を始められたきっかけは何ですか?

先ほどにも言ったように、ライトノベルにハマったのが始まりです。そしてそれを勧めたのは、紛れもないマグネシウム・リンその人でして。元々は読書が大嫌いで、しかし文章を作るのは好きだった私に、彼は「小説執筆」という趣味を披露してくれました。その瞬間、「これだ!」と思いましてね。ただ、当然ながら最初は上手くいきません。だから少しずつ小説を読み始めるようになって。…気が付けば、著者としても読者としても、どっぷりと小説(文芸)の世界につかった日々を送っていますね。

――小説の登場人物の名前って、どうやって決めてるんです?

名前に物語の伏線を盛り込むことも多いですが、基本的には響きを重視しています。他にも、最近の赤ちゃんは、空想の世界から抜け出してきたかのような変わった名前が多いですからねえ…まだ自分の子どもはいませんが、名付け辞典のようなものを活用することもありますね。

――最後に、アイデアはどこで思いつく(練ってる)んですか?

一番は、二度寝している布団の中ですね。休日はお昼まで起きません、早朝に起きても布団からは抜け出しません。常にスマートフォンを近くに置いているので、何かひらめくとすぐにメモする癖をつけています。たまに、夢の中に小説のキャラクターが登場することもありますし、私自身が主人公視点で物語の世界を生きていることもあります。

――もしも自分が小説の世界で過ごしているとするなら、どんな物語のどんなキャラだと思いますか?

破天荒に突き進んでいく、ゴーイングマイウェイの体現者であるような主人公…のそばにいて、笑いを担当することもあれば、シリアスな展開を演出することもある、「親友」的ポジションのサブキャラクターでしょうかね。いやいやサブをなめてもらっては困りますよ。たまに主人公を窮地から救うこともあるかもしれません。まあそれ以上に、トラブルメーカーになる可能性も秘めているかもしれませんが。果たして、二枚目成分と三枚目成分、どちらの素質が開花するのか…それは物語を描く作者さんのさじ加減ですかね。とにもかくにも、適度に起伏のある自由な生き方をしているってことですよ。

――なるほどですねえ。以上、海波かなたさんへのインタビューでした。ありがとうございました。

ありがとうございましたー。
いんたびゅりましたよ!
2012年11月05日 (月) 20:54 | 編集
こんばんは。

「インタビューしました」を強引に略そうとした本記事のタイトル。もはや元が分からないレベルに達しているような気がしますが、これはこれで味があるから不思議です。日本語の妙というやつか。いや、インタビューは英語か。

さてさて、永らくお待たせしましたが…我が青年文芸団の団員紹介インタビューが無事に完了しまして。


早速ですね、明日から1日1人ずつ…インタビューの内容を公開していきますよ!(*・∀・*)


今後は定期的…いや随時でもかまわないのですが、新参も古参も楽しめるようにインタビューPart2をやってみようかなと思ってみたり。文武蘭は、書き手と読み手の「交流」に重きを置いてますからねえ。

それと、きちんと新カテゴリ「団員紹介」を作成しておりますので、こちらから楽しんでもらえたらと思います。


それではまた!
copyright&template: himeco
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。