ながと密着型文芸サークル「文武蘭-monburan-」
山口県長門市の青年たちが描く、地域密着型文芸振興Project。その名は文武蘭(もんぶらん)!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「文武蘭会議01」開催(2013.8.11)!
2013年08月31日 (土) 22:07 | 編集
8/11(日)、私たちながと青年文芸団の企画する初イベント…地域密着型文芸サークル交流企画「文武蘭会議01」を開催しました!(・∀・)

s-2CIMG4049.jpg

参加していただいたのは、山口大学文化会文芸部、北九州市立大学文芸研究会、大津緑洋高校文芸部、そしてながと青年文芸団の4団体。会場は、約40冊近い文芸誌&イラスト集の展示・頒布が行われ、また同時にサークル参加者の交流会が開かれました。

s-3CIMG4052.jpg

それと、会場に設置していた、サークル参加者全員で作り上げた本イベントのパンフレットは、そのままサークルの紹介用として活用できる仕様にしています。そのため、余った分は中央公民館ロビーにて無償配布を行っていますので、アマチュア文芸の「今」を知っていただくためにも、ぜひお取りいただき、楽しんでいただけたらと思います。…なお、近日中にパンフレットの電子書籍版もリリースします!☆

▼文武蘭会議01オリジナルパンフレットDLページ

さて、大学の文芸サークルは、3年生が中心ですので20歳(21歳になる年度)の方ばかり。うちのサークルも、今日は私が一番上だったとはいえ…彼らと同い年。高校生もいらっしゃったので、参加者の平均年齢は19歳前後まで下がったと思われます。若いっ!(*´∀`)

久々に敬語を使わず、しかも同じ趣味について熱く語り合える方々。これほど嬉しく、楽しい機会もありません(*´ω`*)おかげで今日、次回はこの冬に行おう!ってことまで決定してしまいました。

正直に申し上げますと、今回はサークルの顔合わせというか、プレイベント的な位置づけ。次は会場を変え、ルネッサながとで規模を拡大してやろうかなと思っています。まだまだ私の妄想段階ですが、来週には実施要項をまとめて事業開始となることでしょう。善は急げってやつです!(・∀・)

私が高校時代から考えていた、欲していた、文芸にまつわる頒布・交流のためのイベント。ないなら作れと企画して、今日。こうして手応えありな結果に終わりました。今後も「ながと青年文芸団」ならびに、文芸活動+地域振興の新たな形「文武蘭Project」に、乞うご期待!(*・∀・*)

s-4CIMG4058.jpg

それではでは。本日参加されたみなさん、また開催にご協力いただいたすべての方に感謝して。ありがとうございました!本当にお疲れさまでした!\(^o^)/
スポンサーサイト
PN2は「文武蘭会議」!
2013年06月06日 (木) 20:35 | 編集
こんばんは!

6/1始動の新事業公開です(・∀・)


文武蘭Project No.2は…


地域密着型文芸サークル交流企画「文武蘭会議01」!


s-文武蘭会議01(ポスター)_01


山口県内を中心とするアマチュア青年文芸サークルによる、自主制作の文化作品限定の合同展示会+交流会。

文芸・イラストをはじめ、自作であればどんなジャンル・形態でも参加OKのイベントです!

「あなたの夢を、見せてください。」


◆目的
作品を発表・頒布する機会の少ない、文芸を中心とするアマチュア文化活動の振興、及びサークル同士の交流を図ることにより、互いの創作意欲を刺激しあうため。

◆主催 ながと青年文芸団

◆開催日時 平成25年8月11日(日) 9:30~16:00

◆開催場所 長門市物産観光センター2階会議室

◆イベント詳細

(1)頒布の部
文芸・イラストを中心に、自主制作の文化作品のみの展示会。
読み手と書き手の交流の場を目指し、一部配布も行います。

未来を担うアマチュアアーティストの描く「夢」をご覧あれ!

(2)交流の部 ※サークル参加者のみ
みんなの作品とお菓子を囲み、駄弁るための交流会。
製本や広告方法等の話題から、どっぷり趣味の世界まで。

互いの創作意欲を刺激しあっていきましょう!

(3)パンフレットの部
参加サークル全員で作成した保存版の紹介パンフレット。
来場者先着100名様に無償配布を行います。

アマチュア文芸の「今」を見てください、知ってください!

◆申込料 
(1)一般参加:無料
(2)サークル参加:100円~(参加人数等による)

◆サークル参加申込〆切 平成25年7月14日(日)

※一般参加(入場)者の申込は不要です。

◆問い合わせ・申込先
ながと青年文芸団事務局 田中
mail:monburan.kaigi@gmail.com

▼文武蘭会議01(実施要項)

上記リンクから実施要項の閲覧・ダウンロードができます。

申込の際は、要項をよく確認していただきますようお願いします。


以上、Project No.2「文武蘭会議01」始動のお知らせでした!

多数のご参加をお待ちしています!(・∀・)
「文武蘭会議」始動間近!
2013年05月30日 (木) 07:07 | 編集
おはようございます。

ここへ来て、企画のタイトル変更のお知らせです。

以前より、Project No.2:地域交流型文芸誌即売会「文武蘭マーケット」として予告していたイベントですが、地域密着型文芸サークル交流企画「文武蘭会議」として始動することに決定しました!(・∀・)

内容はそれほど変わりなく、県内を中心とする文芸サークルの頒布・交流の場となる予定ですが…今回は小規模での開催ということで、「即売会」よりも「交流会」の色を強めようという意味でのタイトル変更となります。

今週末には正式にイベント告知を行う予定ですので、乞うご期待!


また、同時に文武蘭Project第3弾・第4弾も同時に始動します。

すでにカテゴリでネタバレしていますが…こちらも近日中に告知を行いますので、よろしくお願いします!

絵師を求めて
2013年02月20日 (水) 23:52 | 編集
こんばんは!

これまでに計3冊(春・夏・秋)…ながと密着型文芸誌を発行してきた私たちですが、表紙はどれも文字のみでして。私のお気に入りである可愛らしいフォントを使用してみてはいるのですが、やはりお堅い印象が拭えませんよね。

ただ、文芸部時代に多少かじってみたとはいえ、私の絵では人を惹きつけるどころか退けてしまう予感。とりあえずは現状維持で、新入団員に期待する方向で行こうかな…と思っていた矢先の出来事。

現在制作中の文武蘭マーケットのパンフレット(会場配布用)なんですが…さすがにね、文字表紙では印象が薄いなと。今後要項が完成し、ポスターも掲示するとなれば、やっぱり視覚に訴えるものが必要でして。


長門市在住、あるいは長門市出身で、文武蘭のために一肌脱いでいただける絵師の方!

当然ながらアマチュアで、なおかつ作品の公開や頒布の機会を欲している方!!

そして金銭的余裕のない私たちのために、ボランティアで描いていただける方!!!


…を求めた結果、私の旧友で「やってやろうじゃないか」と立ち上がってくださった方がおられまして。正確には、私がお願いした形になるんですけどね。とにもかくにも、急なお願いにも快く引き受けていただけたことに感謝感謝です。

正直なことを言いますと、まさかすぐに、こんな条件に合致する方とお会いできるとは思ってなかったのでびっくり。1年前の設立から、目立った障壁もなく進む私たちのプロジェクト…ずっと追い風が吹いてくれている気がします。このまま吹き続けていてほしいものです。


そんなわけで、今後文武蘭マーケットのパンフ作成については、イラスト担当X氏(まだ名前は未公開)と、原案…という名の無茶振り師である私の二人で、進めていくこととなりました。


…久々にブログらしい、近況報告的内容となりましたね(*´∀`)
正式決定!「文武蘭マーケット01」始動!
2013年02月11日 (月) 00:25 | 編集
こんばんは!

随分と更新が遅くなり申し訳ありません。ここから加速していきますのでご安心を。…書きたいこと、書かなければならないことがたくさんありますので、暇さえあれば更新作業にあたりたいなと思ってる今日この頃です。

さて、2月が始まりまして約10日。各方面で協議を重ね、大会の形式や経費の問題等と向き合った結果、現時点ではまだ「案」となりますが、配布用のA4チラシができましたので公開します!

s-250206ポスター(案)_01

現時点では、まだ平成25年度の会場予約を受け付けていないようですので、日時はお伝えできません。…が、予定というか希望では、8月10日(土)に開催できたらなと思っております。

今はとりあえず…第1回の正式名称が「地域交流型文芸誌即売会 文武蘭マーケット01」に決定したということで、その名前だけでも覚えておいてもらえたらいいですかね。

モチーフとなったのは、大方予想がつくとは思いますが「コミックマーケット」です。ただですね、長門市はおろか、山陰、いや県内全域で見ましても、こういったアマチュアアーティストの発表・頒布の場って私のまわりにはほとんど存在しなくて。学生時代から、一度は他団体のレベルを知る機会であるとか、交流できる場は欲しいなと常々思っていたわけで、もうその衝動のあるがままに走りだした結果が「文武蘭マーケット」になります。

そして、第1回が夏ならば、第2回は冬になる。

これまた「夏コミ」「冬コミ」的な考えになりますが、すでに年2回の定期開催も目論んでいます。サークルの参加料についても、会場使用料・パンフレット作成代込みで「1団体1,000円」を切れるように経費削減に努めていまして、だいぶハードルを低くしたお財布にもやさしいイベントにしたいと考えています。

私自身も「ながと青年文芸団」の1アーティストとして執筆に励んでいるわけですので、とにかく負担が少ないように、それでいて満足できるように。コストパフォーマンスの高いイベントを目指しているわけで。自分で設定したものが、そのまま自分に降り掛かってくるために、非常にやる気になるのです(・∀・)

それでは、2月下旬から会場の予約ができるそうですので、そこで日時が確定し次第、正式にチラシの配布や申込受付を始めます。何度も言いますが、上のチラシはあくまでも現時点での「案」です。本番用はレイアウトや注意書き等、細々とした修正が入りますので、そのまま鵜呑みにするのは待ってくださいね。

以上、長門市初?となる文芸誌即売イベント「文武蘭マーケット01」の始動報告でした!進行状況は随時本ブログで紹介していきますので、乞うご期待っ!\(^o^)/
その名は、文武蘭マーケット
2013年01月15日 (火) 22:32 | 編集
こんばんは!

さて、以前お知らせしたProject No.2「ぶんふぇす!〜文化・文芸ふぇすてぃばる〜(仮)」ですが、ついにその(仮)がなくなる日がやってまいりました。…つまりは、本当の意味でプロジェクトの始動を表すということに。

ただ、ぱっと見のインパクトに欠けるというか、せっかくの「文武蘭」という固有名詞を使う手はないのかと考えた結果…この名は、残念ながら不採用になりましてね。

そうして本イベントの名前は…


「文武蘭マーケット」に決定しました!


文武蘭の主催するフリーマーケット…「地域交流型文芸誌即売会」という副題にもマッチしています。

今年の夏に第1回を開催予定ですので、現在急ピッチで実施要項&ポスター等を制作中です!

詳細はまた本ブログにて。乞うご期待!☆
ぶんふぇす!
2012年09月15日 (土) 22:25 | 編集
さて、土曜日になりました。

先日の予告どおり、ながと青年文芸団がお送りする企画…第2弾の発表です!

その名は…


「ぶんふぇす!」


「文化・文芸フェスティバル」の略ではあるのですが、それでも意味は伝わりづらい気が。

意訳するならば、「地域交流型文芸誌即売会」といったところでしょうか。

現時点では、あくまでも概要としてしか説明できないのですが、
長門市及び山口県内で活動されている「アマチュア青年文芸サークル」の交流イベントです。


「アマチュア青年文芸サークル」


…なんてよく分からない書き方をしましたが、
例をあげるとすれば高校や大学の文芸部ですかね。

我々みたいな団体は、この近辺じゃまだ珍しい部類なのか。

基本的に、文芸は自己完結しやすい趣味でありますので、
もしかしたらネット上での公開等にとどまっているという団体もあるかもしれませんし。


文芸に必要なのはパフォーマンス。
音楽のように、視覚・聴覚だけで訴えることはまず不可能。

読んでもらう「きっかけ」を作ることが最大の難関なのです。


とにもかくにも、文武蘭Project第2弾は始まりました。

詳細については、本ブログでじゃんじゃん公開していきますのでお楽しみに。
copyright&template: himeco
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。